鎌倉版 掲載号:2022年5月27日号 エリアトップへ

(PR)

大船中央病院に聞く 基礎疾患治療中の「抜歯」 一人ひとりに合った処置

掲載号:2022年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 歯をメンテナンスするのが歯科なのに対し、顎や口腔領域で外科処置を担う口腔外科。大船中央病院で2015年に開設した歯科口腔外科では、他の診療科と連携しながら基礎疾患を有する患者の抜歯に取り組んでいる。

 虫歯や歯周病を放っておくと、 がんや骨粗しょう症などの治療に悪影響を及ぼしてしまうことがある。その際に必要となってくるのが、「抜歯」だ。

 ただし抜歯をしたことにより、骨の中に細菌が侵入して炎症を起こす病気「顎骨骨髄炎(がっこつこつずいえん)」が発症するなど、基礎疾患の治療を妨げてしまうリスクもある。同院歯科口腔外科の川辺良一医師は、「例えば骨粗しょう症なら、抜歯をした時に薬を止めてしまうことがある。そうすると骨粗しょう症の治療が遅れてしまうので、抜歯と基礎疾患治療を並行して行えるよう一人ひとりに合った抜歯の方法や薬の種類、使い方を考えています」。

各診療科と連携

 歯科口腔外科は、基礎疾患治療を支援する”縁の下の力持ち”とも言える。

 同院で見ると、乳がん患者を受け持つのが乳腺センター、骨粗しょう症を担当するのは整形外科・内科、肺がんなら呼吸器病センター。それらの診療科で治療をスムーズに進めるため、歯科口腔外科では抜歯を施す。その際に各診療科と連携し、情報を共有することで、川辺歯科医師の言う「一人ひとりに合った」対応が可能となる。

 「基礎疾患の主治医と連携することで、抜歯が必要となればこちらで早めに処置し、基礎疾患治療が遅延することを防ぐよう心がけています」(川辺歯科医師)

 昨今は、コロナ禍で歯医者に行くことをためらい、増えた虫歯の菌が広がってしまうケースが多いという。そうなると、基礎疾患治療にも影響が。当然、歯の状態が悪化してしまうと、食事も満足に摂ることができなくなるので、栄養不良による全身状態の悪化につながってしまう。

 そうならないために、「基礎疾患と歯の両方のかかりつけ医をつくり、歯に関わる外科処置が必要になったら口腔外科で診てもらいましょう」と川辺歯科医師は語る。

大船中央病院

神奈川県鎌倉市大船6-2-24

TEL:0467-45-2111

https://www.ofunachuohp.net/

鎌倉版のピックアップ(PR)最新6

サマースクール生募集

夏休みサーフィンデビュー

サマースクール生募集

鎌倉に「海の学校」創設

6月24日号

知ってほしい「自由診療入れ歯」

歯科レポート

知ってほしい「自由診療入れ歯」

ひらの歯科に聞く「ピッタリ入れ歯のススメ」

6月24日号

夏は膀胱炎に注意

大船中央病院に聞く

夏は膀胱炎に注意

原因は細菌の長時間滞在

6月24日号

美術品・骨董品を高価買取り

7月6日・26日「お宝無料鑑定会」開催 完全予約制

美術品・骨董品を高価買取り

フジサワ名店ビル6階 出張査定も受付中

6月24日号

「ガラケー電波」が順次終了

「ガラケー電波」が順次終了

出張サービス、無料スマホ教室など安心サポート

6月17日号

思い出に感謝込め「人形供養祭」

思い出に感謝込め「人形供養祭」

26日、セレモニーホールときわ

6月17日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook