神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年3月22日 エリアトップへ

24年度予算案 新庁舎設計費含み可決 位置条例案は否決のまま

政治

公開:2024年3月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
予算案を可決した鎌倉市議会=15日・本会議
予算案を可決した鎌倉市議会=15日・本会議

 鎌倉市議会は3月15日の本会議で、深沢への市役所移転関連費を含む2024年度鎌倉市一般会計予算案を、賛成多数で可決した。また本会議には、議員提案による移転関連費を除いた修正予算案も提出されたが、否決された。移転に必要な位置条例改正案が否決された状態で、予算には新庁舎の基本設計などの費用として3億1335万円が盛り込まれた。

 市役所の深沢地区移転にあたって必要となる「鎌倉市役所の位置を定める条例の一部を改正する条例(位置条例改正案)」は、2022年12月議会で否決。以降、進展のない状況で移転関連費を予算に組み込んだ松尾崇市長は、「市役所の全体像を具体的に示すことで理解を深めてもらい、移転を推進する力にしたい」と説明する。

 建物の規模や構造、外観を定める基本設計などの費用として3億1335万円を計上。本会議では、議長と退席者1人を除いた23人で予算案が採決され、賛成14、反対9の過半数で可決した。

 賛成議員からは、「新庁舎の整備は市にとって待ったなしの課題で、足踏みしている場合ではない」、「基本設計を通して希望が持てるようなものを示し、本庁舎の利活用についても関心を持ってもらうことが重要」、「デジタル技術を活用し、市民サービスの向上と職員の負担軽減を図るべき」などの意見が上がった。

修正案提出も否決

 市役所移転を巡り、一部の議員から基本設計などの費用を除いた予算案の修正案が提出された。理由として、「本庁舎の現在地利活用基本計画で、2月に行われたパブリックコメントの市民意見を反映した最終成果物の報告を受けていない」、「さまざまな条件がそろわない中で、新庁舎の基本設計に着手するのは時期尚早」、「今後基本設計に着手する妥当性のある事実がない限り、大事な税金が無駄に使われるべきでない」などと反論し、修正案への賛同を求めた。修正案は、賛成10、反対14で否決された。

 市は計画の再検討を進めながら、位置条例改正案の再提出の時期を模索している。ただ、松尾市長は2月の定例会見で「可決の見込みが立たない」と話し、進展のない状況が続く。

 新庁舎開庁時期も先に延び、2031年以降に変更している。

鎌倉版のトップニュース最新6

官民連携で孤独、孤立対策

「つながり」創出へ仕掛け

官民連携で孤独、孤立対策

プラットフォーム創設

4月12日

深沢高、最後の入学式

深沢高、最後の入学式

3年後に藤沢清流と統合

4月12日

「ケアラー支援条例」施行

鎌倉市

「ケアラー支援条例」施行

学校の相談員増や啓発も

4月5日

「鳩スタ」台に移転へ

「鳩スタ」台に移転へ

教習所跡 12月開業見込む

4月5日

ペット避難の指針策定

鎌倉市

ペット避難の指針策定

受け入れ条件や備え示す

3月29日

市内初、EV路線バス発車

市内初、EV路線バス発車

江ノ電が2台運行へ

3月29日

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook