茅ヶ崎版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市消防本部 救助技術全国大会へ 3隊員が関東を突破

社会

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
全国出場する隊員
全国出場する隊員

 7月13日に神奈川県総合防災センターで開催された「第45回消防救助技術関東地区指導会」で茅ヶ崎市消防本部から出場した3人の隊員が優秀な成績を収め、8月に愛媛県内で開かれる全国大会への出場を決めた。

 救助技術の高度化に必要な基本的要素を練磨することで消防救助活動に不可欠な体力、精神力、技術力を養うことなどを目的に行われる同大会。

溺者救助で3位

 茅ヶ崎市からは水上の部「基本泳法」「溺者救助」「水中検索救助」の3種目に7人が出場。溺者救助で3位となり「第45回全国消防救助技術大会」への出場を決めた。同消防本部からは内山佳明消防士長(34)、末角優輝消防副士長(28)、杉崎恭介消防士(22)が出場。2位に0・6秒差の28秒2で3位に入った。

 溺者救助(標準所要時間43秒)は要救助者を含む3人1組で行う訓練。救助者と補助者の2人が協力して浮き輪にロープを結着後、補助者が25メートルプール内へ投下し、救助者が要救助者の位置まで浮き輪を搬送。要救助者を浮き輪につかまらせ、補助者がロープを手繰り寄せて救助するという一連の動作の迅速性や正確性が問われる。

 チームを率いる内山さんは「全国出場は周りのサポートがあってこそ。感謝と誇りを胸に挑戦したい」と意気込む。また4回目の全国出場となる末角さんは「全国の人が見ているので、手本となるような訓練をしたい」と話し、初の全国出場となる杉崎さんは「県代表の名に恥じないようにしたい」と力強く語った。

 隊員の全国出場に田中潔消防長は「新チームで臨んだが良い結果を出せた。安全・迅速に行うことは災害現場での活動にもつながる。全国大会でも良い結果を出して欲しい」とエールを送る。

 全国大会は8月24日(水)、愛媛県松山市内のアクアパレットまつやまで開催され、全国9地区、767の消防本部から約1000人の隊員が出場。日頃の訓練の成果を発揮する。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「じゃがいもん」北海道で活躍

「じゃがいもん」北海道で活躍 教育

梅中生2人がキャラ制作

1月21日号

有料化控え申請増加

生ごみ処理機購入補助制度

有料化控え申請増加 社会

9カ月で前年比40件増

1月21日号

「松籟庵」が開館30周年

「松籟庵」が開館30周年 文化

茶道文化伝える拠点に

1月14日号

救急は905件増

2021年出動状況

救急は905件増 社会

火災は2件減 死者はゼロ

1月14日号

「地域創造大賞」を受賞

茅ヶ崎市美術館

「地域創造大賞」を受賞 文化

ユニークな企画が評価

1月7日号

官民連携しまちづくり

浜見平地区

官民連携しまちづくり 経済

4者協定を締結

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

ゆかりの人物館

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

開高健記念館でも企画展

10月29日~3月27日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook