茅ヶ崎版 掲載号:2016年12月16日号 エリアトップへ

中海岸在住星千鶴さん ランドセルをウガンダへ 教育施設に70個寄贈

社会

掲載号:2016年12月16日号

  • LINE
  • hatena
星さんとランドセルを手に笑顔を見せる子どもたち
星さんとランドセルを手に笑顔を見せる子どもたち

 アフリカ・ウガンダ共和国の子どもたちへ使わなくなったランドセルを寄贈しようと活動している「茅ヶ崎ランドセルプロジェクト」(星千鶴代表=人物風土記で紹介)が、このほど70個を現地の教育施設に寄贈した。

 このプロジェクトは中海岸在住の星さんが「もったいない」という想いから立ち上げたもの。きっかけは2年前、星さんが当時小学4年生の長女とともにインドネシアのバリ島に留学した時に目にした光景だ。現地の子どもたちが使っていたバッグは重たい教科書を入れるのに適していないと感じた星さんは「日本からランドセルを持ってくれば良かった」とランドセルの機能性の高さに改めて気づかされた。さらに「日本中に眠っているランドセルがあるはず。捨てるのはもったいない。寄付すればいいのでは」と帰国後プロジェクトを立ち上げた。

 その後、知人への声掛けやチラシの配布など地道に活動し、4月30日と5月1日にサザンビーチちがさきで開催された湘南祭会場で回収ブースを設置。フェイスブックなどで寄付を呼び掛けると2日間で170個のランドセルが集まった。

 集まったランドセルは、親を亡くしたウガンダの子どもたちの支援プロジェクトとして、あしなが育英会が2001年に設立した現地法人「あしながウガンダ」が運営する教育施設「レインボーハウス」に贈られた。 同所は学校に通えない貧しい子どもや親を亡くした子どもたちに識字教育などを行っている施設。ランドセルは施設への寄付のため、卒業生から新入生に受け継がれる仕組みだ。

 現地でセレモニーが開かれるなど歓迎を受けた星さんは「みんな本当に喜んでくれた。嬉しさが全身から溢れるようだった」と子どもたちの様子を話した。

課題は輸送費

 現在の課題は、集まったランドセルを現地へ送るための輸送費で、今後はクラウドファンディングの活用など、賛同してくれる企業や個人を募り資金を集めていく。星さんは「多くの方の協力で今回無事に届けることができた。子どもたちの笑顔のためにこれからも微力ながらつながりを広げていきたい」と意欲を見せた。活動の詳細はフェイスブック「茅ヶ崎ランドセルプロジェクト」で閲覧可能。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

飲食店組合がロゴ募集

飲食店組合がロゴ募集 経済

コロナ背景 活性化ねらう

9月24日号

相模線9月28日に100周年

相模線9月28日に100周年 経済

新車両11月運転開始

9月24日号

一中生が男女で優勝

全国中学柔道大会

一中生が男女で優勝 スポーツ

ともに最重量級制す

9月17日号

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る 文化

「丸博友の会」5周年企画

9月17日号

最年少でW杯代表入り

フットサル

最年少でW杯代表入り スポーツ

堤在住・毛利元亮選手

9月10日号

市民参加で郷土史研究

「ゆかりラボ」10月スタート

市民参加で郷土史研究 文化

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook