茅ヶ崎版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

今春公開の映画「サムライせんせい」の劇中音楽を担当する尺八奏者 吉田 長生(ながお)さん 美住町在住 34歳

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena

人とのつながりで伝統守る

 ○…「武士は刀を忘れない」。父の言葉を胸に尺八を肌身離さず持ち歩く。地元茅ヶ崎のみならず、各地でコンサートやセミナーを開催し、江島神社での奉納演奏や、FM湘南ナパサで自身の冠ラジオ番組のパーソナリティーを務めるなど幅広く活動。伝統芸能の普及に奮闘する。今春公開予定の高知県を舞台とした映画「サムライせんせい」では劇中音楽を担当。シンセサイザーとは違う生の尺八の音色で、作品に迫力と温かさを加える。

 ○…市内美住町で生まれ育つ。新春を彩る名曲「春の海」を作曲した尺八奏者の吉田晴風を曽祖父に持ち、6歳で尺八を手に取った。小学5年から高校3年までは柔道に励み、県の代表に選ばれるほど活躍するが、父の「尺八を絶えさせてはいけない」という言葉に打たれ、東京藝術大学に進学。一から尺八を学び直した。茅ヶ崎市民文化会館で立った初舞台では盛況を博すも、尺八の認知度の低さを実感。「もっと多くの人に知ってもらいたい」と気持ちを新たにした。

 ○…劇中音楽を担当したきっかけは高知での地方公演。酒の席を供にした坂本龍馬記念館の故・森健志郎館長の「ここで成功したら他の場所でもやっていける」という話に意気投合し、2015年に坂本龍馬の生誕祭で演奏。以来、現地での弟子も増えて、毎月自費で高知へ通う日々が4年目を迎える。「映画の話をもらったのも人とのつながりの中でだった。この活動の輪を他の地域でも広げていきたい」と微笑む。

 ○…美住町の美容院「サロンド・ルルド」の一人息子。たまの休みには辻堂にある「おでんセンターなぎさ」で、兄代わりの店主と酒を酌み交わしてリフレッシュ。4月15日(日)にはバースデーコンサートを控え、これまでの足跡を振り返る。「尺八の道は死ぬまで勉強。地元茅ヶ崎に感謝を伝えながら、さらなる伝統音楽の普及に貢献していきたい」と意気込んだ。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

佐々木 友路さん

9月から茅ヶ崎市倫理法人会の会長に就任した

佐々木 友路さん

藤沢市在住 41歳

9月24日号

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

石田 省三郎さん

神奈川県美術展・写真部門で準大賞を受賞した

石田 省三郎さん

白浜町在住 75歳

9月10日号

千葉 雅英さん

藤沢税務署長に7月、就任した

千葉 雅英さん

横浜市在住 60歳

9月3日号

本柳 とみ子さん

オーストラリアの学校事情をまとめた『コアラの国の教育レシピ』を出版した

本柳 とみ子さん

菱沼海岸在住 67歳

8月27日号

横溝 さやかさん

ともいきアートの象徴絵画を制作した

横溝 さやかさん

市内在住 34歳

8月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook