茅ヶ崎版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

ワールド・フォトグラフィック・カップ2019の日本代表に選ばれた 小林 鉄斎さん 赤羽根在勤 54歳

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena

魅力引き出す一枚を

 ○…浜降祭の雄姿を携え挑んだ初のコンテスト。約30カ国が参加する世界最大規模の大会で、見事日本代表に選ばれるも入賞は果たせなかった。「世界の壁は厚かった」と悔やみつつも、どことなく晴れやか。「周囲の支えを改めて感じられた。本当にありがたかった」

 ○…東京都月島出身。名は画家の富岡鉄斎由来で「覚えてもらえるように」と父たちの想いが込められている。実家の仕出し料理店を継ぐつもりでいたが、ロマンチストの父から託されたのは「何かで大成したい」という夢。カナダで外食産業を学びレストラン経営、時にはイベント運営会社で婚活パーティーブームの火付け役にもなった。40歳目前、息子に誇れる仕事がしたいと一念発起。スポーツ写真の巨匠として知られる水谷章人氏に師事し、水谷塾に入塾。師匠らの勧めを受け、2012年、市内赤羽根に個人事務所を開設した。

 ○…相棒はニコンのD800、D750。カメラマンとして大事にしているのは「熱意」。撮影のない日もパソコンで編集作業。時には“閃き”が訪れ、1年以上前の作品に手を加えることも。「写真には答えがない。日々研究」とにっこり。そんな父の背中を見てか、大学生の息子も最近写真に興味を持ち始めた。「写真のうまい人はモテますから」と茶化しつつ、「いい写真を撮るにはその魅力を引き出すため、被写体に惚れ込まないといけない」と力強く語る。

 ○…妻の実家のある茅ヶ崎に越して17年。「コンテストを機に、新たな人のつながりが生まれた。なにより茅ヶ崎の人が喜んでくれたことが一番うれしい」とほほ笑む。モットーは七転び八起き。以前行った「茅ヶ崎の百人展」の第2弾も企画中だ。「まだまだ撮りたいものがたくさん」と少年のように瞳を煌めかせた。

賃貸物件の管理募集中!

空室でお困りのオーナー様は、お気軽にお電話ください。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

伏見 康博さん

茅ヶ崎海岸でマイクロプラスチックの回収実験プロジェクトを実施する

伏見 康博さん

東海岸北在住 66歳

4月16日号

楡井 宏志(にれい ひろゆき)さん

茅ヶ崎商工会議所青年部の2021年度会長

楡井 宏志(にれい ひろゆき)さん

南湖在住 47歳

4月9日号

川崎 実知郎さん

小学校へ横断旗を贈った(株)ウェブデモの社長

川崎 実知郎さん

浜之郷在住 55歳

4月2日号

高橋 正光さん

新小学1年生へ黄色い帽子を寄贈した第一カッター興業(株)の社長

高橋 正光さん

萩園在勤 49歳

3月26日号

早房 あかねさん

3月27日まで「キッチンメッテ展」をすずの木カフェで開催する

早房 あかねさん

白浜町在住 51歳

3月19日号

内藤 真由美さん

子育て中の親向け英語教室を開く

内藤 真由美さん

浜竹在住 56歳

3月12日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter