茅ヶ崎版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

ワールド・フォトグラフィック・カップ2019の日本代表に選ばれた 小林 鉄斎さん 赤羽根在勤 54歳

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena

魅力引き出す一枚を

 ○…浜降祭の雄姿を携え挑んだ初のコンテスト。約30カ国が参加する世界最大規模の大会で、見事日本代表に選ばれるも入賞は果たせなかった。「世界の壁は厚かった」と悔やみつつも、どことなく晴れやか。「周囲の支えを改めて感じられた。本当にありがたかった」

 ○…東京都月島出身。名は画家の富岡鉄斎由来で「覚えてもらえるように」と父たちの想いが込められている。実家の仕出し料理店を継ぐつもりでいたが、ロマンチストの父から託されたのは「何かで大成したい」という夢。カナダで外食産業を学びレストラン経営、時にはイベント運営会社で婚活パーティーブームの火付け役にもなった。40歳目前、息子に誇れる仕事がしたいと一念発起。スポーツ写真の巨匠として知られる水谷章人氏に師事し、水谷塾に入塾。師匠らの勧めを受け、2012年、市内赤羽根に個人事務所を開設した。

 ○…相棒はニコンのD800、D750。カメラマンとして大事にしているのは「熱意」。撮影のない日もパソコンで編集作業。時には“閃き”が訪れ、1年以上前の作品に手を加えることも。「写真には答えがない。日々研究」とにっこり。そんな父の背中を見てか、大学生の息子も最近写真に興味を持ち始めた。「写真のうまい人はモテますから」と茶化しつつ、「いい写真を撮るにはその魅力を引き出すため、被写体に惚れ込まないといけない」と力強く語る。

 ○…妻の実家のある茅ヶ崎に越して17年。「コンテストを機に、新たな人のつながりが生まれた。なにより茅ヶ崎の人が喜んでくれたことが一番うれしい」とほほ笑む。モットーは七転び八起き。以前行った「茅ヶ崎の百人展」の第2弾も企画中だ。「まだまだ撮りたいものがたくさん」と少年のように瞳を煌めかせた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

田島 透さん

県内65クラブの国際ロータリー第2780地区ガバナーに就任した

田島 透さん

藤沢市在住 66歳

7月23日号

平沼 香菜子さん

藤沢・茅ヶ崎・鎌倉・寒川の3市1町の社労士が所属する県社会保険労務士会藤沢支部長に就任した

平沼 香菜子さん

藤沢市在住 48歳

7月16日号

石崎 愛惟さん

ピアニストとして今年4月から茅ヶ崎を中心に活動する

石崎 愛惟さん

市内在勤 29歳

7月9日号

小川 紋永(あやなが)さん

清掃活動団体「湘南美化クラブ」代表

小川 紋永(あやなが)さん

円蔵在住 23歳

7月2日号

平沼 香菜子さん

藤沢・茅ヶ崎・鎌倉・寒川の3市1町の社労士が所属する県社会保険労務士会藤沢支部長に就任した

平沼 香菜子さん

藤沢市在住 48歳

6月18日号

山本 康士さん

茅ヶ崎映画祭で監督を務めた作品が上映される

山本 康士さん

菱沼海岸在住 34歳

6月11日号

えぼしいわ夫とひんやりサマー

ひんやりギャグ大募集&チケットCP

https://www.lusca.co.jp/chigasaki/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter