茅ヶ崎版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

市内待機児童5人に 減少も無償化対策急務

教育

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎市は4月24日の記者会見で、4月1日時点の保育所待機児童数が5人と発表した。昨年同時期の13人から8人減少したが、目標の「待機児童数ゼロ」は達成できなかった。待機児童を含む、希望の保育園などに入れなかった保留児童数は11人減の184人だった。

***

 市保育課は、定員数を昨年から240人増の4090人、さらに保育士増員などで4211人まで受け入れを拡大したが、入園希望者が4395人と上回った。

 今年度、市内の保育所数は昨年の69園から、閉園2カ所・開園3カ所を経て70園になった。待機児童は全員1歳児で、0歳、2歳から5歳までの待機児童は解消された。同課は「10月の幼児教育無償化でさらに保育需要が増加することを見込んでいる。対策を急ぎたい」と危機感を募らせている。

浜之郷・矢畑、辻堂周辺を強化

 茅ヶ崎は2015年・16年に、4月1日時点での待機児童数が県内ワーストに。市保育課は、16年の89人から18年4月までに0人にするため、16年10月に新計画を打ち出し対策を進めてきた。

 市内の待機児童・保留児童の8割以上を0〜3歳児が占めていることを受け、小規模保育事業推進など、低年齢層の枠拡大を重視。また、保育利用希望者が集中するエリアを中心に保育園事業者を募集。さらに「希望者の多いエリアは建物密集地で土地にも限りがあり、新規施設は困難」として、既存園に枠の拡大を依頼。市内の既存幼稚園にこども園への移行相談も募り、拡大を進めた。

今年度の予算拡大

 2019年度の「新たな待機児童解消対策」の事業費予算額には16億6800万円を予定。17年度の8億2800万円、18年度の14億9400万円を超える規模だ。

 市保育課は今年度、大規模マンション建設などで保育需要が急増している浜之郷・矢畑周辺、辻堂周辺に関し保育所の公募を継続している。一方で、「必要とする方にサービスを提供するとともに、保育の質の確保も大前提」とし、市は独自で保育士の就職奨励金などの補助も行っている。

 「家庭にもさまざまな事情がある」と同課。保護者、子どもにとって適切な子育て環境を提供するため、保育園に限らない選択肢も紹介するよう努めている。「幼児教育無償化も含め、今後も情報をわかりやすく伝えていきたい」と話した。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

茅ケ崎署が2連覇

茅ケ崎署が2連覇 社会

県警拳銃射撃大会で

6月21日号

小・中学校に防犯カメラ

小・中学校に防犯カメラ 教育

校門など各校4〜10台

6月21日号

学童待機が174人に増加

学童待機が174人に増加 教育

急がれる施設整備

6月14日号

茅ヶ崎映画祭 あす開幕

茅ヶ崎映画祭 あす開幕 文化

9会場で12作品上映

6月14日号

小児医療費 助成拡大へ

小児医療費 助成拡大へ 政治

通院補助を中学3年まで

6月7日号

小学校でエアコン稼働

小学校でエアコン稼働 教育

昨年の中学校に続き

6月7日号

大森真有さんがグランプリ

大森真有さんがグランプリ 社会

湘南ガールコンテスト

5月31日号

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク