茅ヶ崎版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

機は熟した 東京五輪へ一直線 自転車・別府史之さん

スポーツ

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
2016年ジャパンカップで優勝した瞬間の別府さん
2016年ジャパンカップで優勝した瞬間の別府さん

 世界最高峰のUCIプロツアー選手、3大ツール・5大モニュメント完走――。数々の「日本人初」を打ち立てた自転車選手、別府史之さん(36・赤羽根出身)は、キャリアの集大成に向けて東京五輪に照準を合わせる。

 突然の発表だった。契約期間を1年残し、「NIPPO・デルコ・ワンプロヴァンス」への移籍。15年ぶりの古巣復帰に、「人のつながりがあって今がある。自分のキャリアの中で新しい方向性を取る時だった」。

 兄2人が夢中になった自転車。三男の史之さんが飛び乗るのは自然な流れだった。室田小5年でロードレース初優勝、「やたら自転車が速い子がいる」と地元で噂になったことも。国内ジュニア大会は総舐め。藤沢北高(現・藤沢総合高)卒業後、海を渡った。

 別府さんの武器は、長時間でもペースの乱れないペダリングと、集団を抜き出る技術。。2002年に「ブリヂストン・アンカー」からフランスの「ラポム・マルセイユ」に派遣。05年から世界最高峰の「ディスカバリーチャンネルプロサイクリングチーム」へ。

 「自分として最高の走りだった」と振り返る12年のロンドン五輪では24位。15年・16年にジャパンカップを2連覇、16年には日本人初となる3大ツールと5大クラシックの全完走を達成した。

経験を次世代へ

 トッププロで15年。「昨季は落車で鎖骨骨折などがあり満足していない」と後悔を滲ませるが、東京五輪の名は、別府さんを突き動かす。

 男子出場2枠は、20年5月31日までの世界ツアー成績などで決まる。

 東京五輪のコースは、総距離244Km、獲得標高4865m。高低差が激しいコースに「サバイバルな展開になる」と予見し、「ファンや友人に走っている姿を見せたい」と熱も入る。

 新チームでは、別府さんが切り拓いた道を追い、海外に挑戦する若武者がいる。「育ってきてくれてうれしい」と喜ぶ一方で、「東京五輪出場は、自分の現在の獲得点でも、まだまだ逆転できる」とライバル心を燃やしている。

 機は熟した。開拓者は経験を次代に伝えるべく、そしてキャリアの集大成として今季に挑む。

別府さん
別府さん

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

「怒りの本質」を学び、知る

「怒りの本質」を学び、知る 社会

2月15日 アンガーマネジメント講座 

1月14日号

ドーム型のオブジェ登場

江の島ヨットハーバー

ドーム型のオブジェ登場 社会

1月14日号

花のフォトスポット出現

花のフォトスポット出現 文化

茅ヶ崎産の花き集結

1月14日号

新成人が門出迎える

2年ぶりの会場開催

新成人が門出迎える 文化

1月14日号

男女の視点で防災力アップ

男女の視点で防災力アップ 社会

いこりあで1月24日

1月14日号

えぼし座が出演者募集

えぼし座が出演者募集 文化

最新情報・エントリーはHPから

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook