茅ヶ崎版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

ノンフィクション『パラアスリート』を執筆した 山田 清機さん 浜須賀在住 56歳

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena

突進あるのみ

 ○…「東京2020パラリンピック」の出場を目指すアスリートの横顔に迫り、1冊の本にまとめた。ノンフィクション作家としてこれまでに5冊の著書があるが、障がい者スポーツを題材にしたのは、今回が初めてだ。「そもそも『障がい』って何?どう接する?どう考えればいいの?」。アスリートへの取材を通して自問自答を続け、共生社会に向けたヒントを描いた。

 ○…「つらい経験をしている人にシンパシーを感じるんです」と語る背景には、フリーライターとして過ごした苦しい時期がある。大学卒業後に鉄鋼メーカーに勤務するも、組織に馴染めず1年半で退社。出版社を経て20代後半で思い切って独立。暮らしていたアパートの一室を事務所代わりに、ファクスを1台設置したまではよかったが、使う機会がなかなか訪れない。「仕事が何もなくて、昼ごはんが食パン1枚」と今では笑って話せるが、肉や魚を買うお金がなかったことから、成人男性としては稀なコレステロール値が“低い”と診断されたほどだ。

 ○…編集プロダクションなどをまわって売り込みを続けていくうちに、少しずつ仕事をもらえるように。独立から10年が過ぎる頃には経済誌での記事掲載も始まった。「大物経営者には冷や汗をかきながら取材しています」と話しつつも、今では作家としても活躍の場を広げている。

 ○…1年前、大好きなノンフィクション作家・開高健が過ごした茅ヶ崎に川崎から引っ越してきた。高校時代に汗を流した剣道を小学生の長男と楽しみ、55歳でデビューを飾ったサーフィンも目下奮闘中。「この歳でもまだひと踏ん張りしなきゃ」。今春には新書を発行予定で、日本三大ドヤ街のひとつ・横浜寿町で取材中だ。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

平塚市在勤 52歳

2月21日号

宮城島 宏さん

嚥下食メニューコンテストで最優秀賞を獲得した

宮城島 宏さん

松林在勤 40歳

2月14日号

越地 清美さん

ちがぼ〜(茅ヶ崎に冒険遊び場をつくろう会)2代目代表

越地 清美さん

東海岸北在住

2月7日号

阿部 富美さん

タウンニュース茅ヶ崎版で『おやさい食べよ!』を連載する料理研究家

阿部 富美さん

高田在住 54歳

1月31日号

石田 秀樹さん

茅ヶ崎100人カイギの実行委員長を務める

石田 秀樹さん

浜之郷在住 55歳

1月24日号

三田(さんだ) 祥太郎さん

「2020年成人のつどい」実行委員長を務める

三田(さんだ) 祥太郎さん

東海岸南在住 20歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク