茅ヶ崎版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

事故防止へ社会実験中 本村の交差点で「光」活用

社会

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena
本村5丁目にある交差点
本村5丁目にある交差点

 茅ヶ崎市は、自転車などの交差点事故を減らそうと、市内の交差点で社会実験を行っている。センサーライトを活用し、通行者を照らして注意を喚起するもので、市担当者によると、全国でも珍しい事例だという。

 社会実験の場所は、本村5丁目付近の住宅街にある。交差点の四隅に、感知範囲に通行者が入るとライトが点灯する装置を設置。交差点に近づいた人や自転車、車をライトで照らして注意喚起し、通行者に交差点の存在を知らせる。

 プロポーザル方式で選定されたコンサルティング会社「日本能率協会総合研究所」が、実験を支援する。委託料は303万6千円。

 交差点事故の中でも特に多いのが自転車。社会実験の背景には、茅ヶ崎の自転車利用割合の高さがある。「第5回東京都市圏パーソントリップ調査結果」によると、県平均が12・8%だったのに対し、茅ヶ崎は23%で県内で最も高かった。

 市では「第2次ちがさき自転車プラン」を策定し、自転車利用について啓発すると共に自転車走行レーンの整備を進めていたが、目標距離15Kmだったのに対して中間報告で7Kmほどだったことから、市都市政策課を中心に新たな施策を考えていた。

 今回の施策の場所は、市内で過去5年間に起きた交差点事故発生箇所の中から特に多かった西久保や共恵1丁目など6カ所を抽出。この中から実験効果を得やすいと見込まれる今回の交差点1カ所で実験している。

 市は、1月14日にセンサーライトを設置。1月24日まで実験した上で、通行者の通行速度の変化やライトの点滅方法で効果の出やすい喚起方法などを検証するという。

 調査結果は今年3月末までに市ホームページなどで公開される予定。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「松籟庵」が開館30周年

「松籟庵」が開館30周年 文化

茶道文化伝える拠点に

1月14日号

救急は905件増

2021年出動状況

救急は905件増 社会

火災は2件減 死者はゼロ

1月14日号

「地域創造大賞」を受賞

茅ヶ崎市美術館

「地域創造大賞」を受賞 文化

ユニークな企画が評価

1月7日号

官民連携しまちづくり

浜見平地区

官民連携しまちづくり 経済

4者協定を締結

1月7日号

「コロナ禍から回復の年に」

「コロナ禍から回復の年に」 政治

佐藤市長新春インタビュー

1月1日号

2022年茅ヶ崎の話題は

2022年茅ヶ崎の話題は 社会

生活に影響する事業も

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook