茅ヶ崎版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

エアロビック全国大会「スズキジャパンカップ2020」で優勝した 上田 真穂さん 藤沢市在住 28歳

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena

自分を好きになっていく

 ○…市内ひばりが丘のエアロビックチーム「アステム湘南VIGORO(ヴィグラ)US(ス)」に所属し、選手であると同時に若手を指導する。今年7月には地元東京都品川区のエアロビック連盟アンバサダーに就任した。目指すは”社会とつながりを持てるアスリート”。「夢と希望を与えられるような演技を見せられたら」

 ○…全日本チャンピオンの母のもと、物心ついた頃からエアロビックを教わっていた。中学の時、憧れの選手がいるヴィグラスへ。品川から茅ヶ崎まで2時間弱。週に6回、1日5時間を練習に費やす。だが、大会で入賞するより、「この練習場に来ること自体が好きだった」。転機は大学の学生選手権での4連覇。「私というよりエアロビックが認められた気がした」。勝ちへのこだわりが湧いてきた。

 ○…日体大の大学院で指導論を研究し、湘南工科大の非常勤講師に。プロがないエアロビックでは大学で辞める人も多い。「でも私、遅咲きなんです」とにっこり。それまで2、3位だった全国大会で昨年は5位。演技が終わった瞬間、次の大会の優勝を誓った。「年齢なんて関係ない」という信念のもと、今年、28歳にして念願の個人優勝を果たした。

 ○…チームでは頼れる姉貴分で、バリバリの戦略家。今大会ではコロナ下でも外部の人に競技を知ってもらおうとチームのインスタグラムを立ち上げた。国際大会の渡航費は持ち出しだが、それを支援してもらうためのクラウドファンディングも企画している。仕事と趣味の垣根はなく、休日は海沿いのカフェで今後の目標を書き連ねた”ドリームノート”で将来設計も。「エアロビックは自分のことを好きになれるスポーツ。一人でも多くの人に魅力を知ってもらいたい」

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

楡井 宏志(にれい ひろゆき)さん

茅ヶ崎商工会議所青年部の2021年度会長

楡井 宏志(にれい ひろゆき)さん

南湖在住 47歳

4月9日号

川崎 実知郎さん

小学校へ横断旗を贈った(株)ウェブデモの社長

川崎 実知郎さん

浜之郷在住 55歳

4月2日号

高橋 正光さん

新小学1年生へ黄色い帽子を寄贈した第一カッター興業(株)の社長

高橋 正光さん

萩園在勤 49歳

3月26日号

早房 あかねさん

3月27日まで「キッチンメッテ展」をすずの木カフェで開催する

早房 あかねさん

白浜町在住 51歳

3月19日号

内藤 真由美さん

子育て中の親向け英語教室を開く

内藤 真由美さん

浜竹在住 56歳

3月12日号

山本 幸雄さん

勤続50年以上の優良消防団員として表彰された

山本 幸雄さん

室田在住 69歳

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter