茅ヶ崎版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

市内飲食店や生産者とコラボし、“腸活”イベントを主宰する 笠岡 誠一さん 行谷在勤 53歳

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena

夢また夢へ

 ○…人呼んで”腸活ボーイ”。文教大学健康栄養学部で教鞭を執る傍ら、食事に関する新説を紹介する著書『炭水化物は冷まして食べなさい。』の執筆や、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」に出演。多方面で腸内環境を改善する”腸活”を世に広める。

 ○…広島県出身。小学5年の頃、父の転勤で埼玉へ。他の子と比べて体格がよく、中・高とサッカーに熱中し、全国ベスト8入りを果たした。大学進学当時は「バイオテクノロジー」の流行り始め。遺伝子操作などがメジャーであった中、「食事の機能」に興味が湧いた。ゼミでは朝から晩までマウスの面倒を見た。チームで研究する中で、「学生や教授が一緒になって一つのことを成し遂げる。研究を一生の仕事にしたい」と考えるようになった。

 ○…修士課程を終え、製薬会社の研究職に。仕事と論文の執筆の繰り返しで7年間ほとんど休まず走り抜けた。その後、文教大学の講師となるが、当時は短大でゼミの制度はなく、次の目標が固まった。2010年、念願の学部が新設されると学生たちの指導にも心血を注ぐ。地域の飲食店とコラボして、数々の腸活メニューを送り出してきた。「学生たちはステージに立つアイドル。自分はステージを用意するだけ」

 ○…26歳の時には3時間45分で走り切ったフルマラソン。今でも毎年のようにさいたま国際マラソンに出場する。「健康を研究しているからには自分も健康でないとね」。昨年には教え子たちのOB団体「出藍会」を組織し、学生と社会を”食”でつなぐなど、管理栄養士の地位向上のために腐心する。来年には腸活をテーマにした映画も公開予定。「やりたいことがたくさん。次は何をしようかな」

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

楡井 宏志(にれい ひろゆき)さん

茅ヶ崎商工会議所青年部の2021年度会長

楡井 宏志(にれい ひろゆき)さん

南湖在住 47歳

4月9日号

川崎 実知郎さん

小学校へ横断旗を贈った(株)ウェブデモの社長

川崎 実知郎さん

浜之郷在住 55歳

4月2日号

高橋 正光さん

新小学1年生へ黄色い帽子を寄贈した第一カッター興業(株)の社長

高橋 正光さん

萩園在勤 49歳

3月26日号

早房 あかねさん

3月27日まで「キッチンメッテ展」をすずの木カフェで開催する

早房 あかねさん

白浜町在住 51歳

3月19日号

内藤 真由美さん

子育て中の親向け英語教室を開く

内藤 真由美さん

浜竹在住 56歳

3月12日号

山本 幸雄さん

勤続50年以上の優良消防団員として表彰された

山本 幸雄さん

室田在住 69歳

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter