茅ヶ崎版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

浜須賀小でコロナ募金 医療従事者や困窮者のため

コミュニティ教育

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena
募金活動を企画した運営委員会のメンバー
募金活動を企画した運営委員会のメンバー

 浜須賀小学校の児童たちが、茅ヶ崎市の新型コロナ対策に役立ててもらおうと、校内で募金活動を1月末まで展開。集まった13万1132円は今後、茅ヶ崎市へ寄付される。

 「医療従事者の方たちが少しでも楽になるようにしたい、市内に住んでいる人の役に立ちたい」-。そんな思いが、児童たちを突き動かした。

 募金を企画したのは、校内行事など学校運営の中心的な役割を担う運営委員会。 6年生12人で構成する委員会は、茅ヶ崎市が感染防止策や経済対策に活用する「新型コロナウイルス感染症対策のための寄付」を実施していることを知り、昨夏から構想を練ってきた。

 年が明けた1月12日から22日には、運営委員が教室をまわって募金活動を周知。紙芝居や寸劇も織り交ぜながら、全校児童に協力を呼びかけた。その後、25日から29日までの5日間にわたり、メンバーは朝の登校時間帯に手作りの募金箱を持って昇降口に立った。

 「コロナ募金に協力お願いします」。メンバーたちの呼びかけに、登校してきた児童たちが次々と募金に参加した。予想を超える13万円以上の募金に、平原愛菜さんは「こんなに集まってびっくり。困っている人を救えたり、助けられたら」と笑顔を見せた。募金箱にはお金だけでなく、医療従事者への感謝を綴った手紙も入っていた。

苦しい時でもできることを

 コロナ禍で修学旅行をはじめとする行事が中止や縮小になる中で、運営委員会のメンバーたちは工夫を凝らしてやってきた。全校で集まっての「1年生を迎える会」はできなかったため、学校での過ごし方を撮影し、動画を通じて新1年生に校内のルールを伝えた。

 今回の募金を終え、運営委員からは「思いやりのある人がいっぱいいて、その気持ちがうれしかった」「自分たちの行動によってここまでの協力を得られ、やりがいを感じた」といった声が聞かれ、佐伯凜さんは「多くの方の笑顔が戻ることを願っています」と期待を込めた。
 

登校時に募金を呼びかけた
登校時に募金を呼びかけた

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「インクルーシブ」な公園を

障がい持つ子の親が始動

「インクルーシブ」な公園を 社会

4月9日号

耳を澄ませば「加山さん」

耳を澄ませば「加山さん」 社会

商業施設などの館内放送

4月9日号

子ども基金募金箱を設置

子ども基金募金箱を設置 社会

市内郵便局の窓口などに

4月2日号

「#ちがすき」がオープン

茅ヶ崎ライフスタイルWebマガジン

「#ちがすき」がオープン 社会

市内外に茅ヶ崎の魅力・情報を発信

4月2日号

北陵高吹奏楽部が全国へ

北陵高吹奏楽部が全国へ 文化

3月28日、都内で大会

3月26日号

Fリーグ新人賞を獲得

フットサル

Fリーグ新人賞を獲得 スポーツ

堤在住・毛利元亮選手

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter