茅ヶ崎版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

北陵高吹奏楽部が全国へ 3月28日、都内で大会

文化

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
吹奏楽部のメンバー(同部提供)
吹奏楽部のメンバー(同部提供)

 茅ケ崎北陵高校の吹奏楽部(弓桁太平顧問)が、3月28日(日)に文京シビックホール(東京都)で開催される「第9回シンフォニックジャズ&ポップスコンテスト全国大会」に初出場する。ジャズやポップスの要素のある楽曲を題材とし、録音審査を突破した全国18校が頂点をめざす。

 新型コロナの影響で演奏機会自体が少なかった昨年。副部長の岩崎桜子さん(2年)を中心に「ぜひチャレンジしたい」と、初めてエントリーした。1月の緊急事態宣言発出後は、練習もままならない状態が続いたが「貴重なステージ。たくさんのことを学んでいきたい」と生徒たちは声をそろえる。

貴重な練習が団結力生む 

 チームの船出は、決して快調とは言えなかった。新型コロナの影響で、1年生が本格的に部活動を始められたのは昨年7月から。例年目標としてきた大会も中止となり、モチベーションの維持が難しくなっていた。

 そんな中で知ったのが今大会。「目標を持ちたい」という思いのもと、エントリーを決めた。

 審査音源の提出期限が10月に迫る中、2年生は「楽器を持つのも初めて」という新入生への指導をはじめ、「吹奏楽経験者でも戸惑う」というジャズ特有のノリを丁寧に伝えていった。小原啓太部長(2年)は「焦りを持ちながら取り組めたおかげで、演奏も、気持ちも揃っていきました」と振り返る。

本番の体験を大切に

 しかし再び大きな壁に直面する。今年1月に発出された2回目の緊急事態宣言により、再び練習ができなくなったのだ。ようやく練習が許可されたのは3月中旬。生徒らは「ひとつの教室に6人まで」「一定時間ごとの換気」などルールを決め、貴重な練習に励む。

 当日は3曲を披露する。1曲目「ザ・チキン」は迫力ある冒頭が印象的な、ノリのいいナンバー。学生指揮者も務める武田悠河さん(2年)による高音のトランペットソロが見せどころだ。

 2曲目は甘くおしゃれな旋律が特徴の「クワイエット・ゾーン」。アルトサックスのソロを吹く岡崎麻凛さん(1年)は「たくさんジャズを聴いて練習してきました」と笑顔を見せる。

 最後は爽やかな吹奏楽ポップスの定番「オーメンズ・オブ・ラブ」。基礎練習が生かされるというこの曲で、明るく舞台を締める。小原部長は「本番は挑戦するつもりで。この体験を大切にしたい」と話す。
 

(左から)武田さん、岡崎さん、岩崎副部長、小原部長 現在部員募集中。「初心者も大歓迎です」
(左から)武田さん、岡崎さん、岩崎副部長、小原部長 現在部員募集中。「初心者も大歓迎です」
鐘の音は「換気の合図」
鐘の音は「換気の合図」

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

SDGs意識し公園に植栽

松浪小

SDGs意識し公園に植栽 教育

次年度以降の継続見据え

5月7日号

来年4月からごみ有料化

来年4月からごみ有料化 社会

指定袋の購入が必要に

5月7日号

8日に「天才万博」開催

第一カッターきいろ公園

8日に「天才万博」開催 社会

子どもに夢持つ大切さを

4月30日号

アロハビズ始まる

アロハビズ始まる 社会

市役所で関連展示も

4月30日号

海水浴場開設へ準備

サザンビーチ

海水浴場開設へ準備 社会

海開きは7月中旬目途に

4月23日号

ウイグル人 茅ヶ崎で訴え

ウイグル人 茅ヶ崎で訴え 社会

「命を救わなければ」

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter