茅ヶ崎版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

梅田中3年近藤さん モデリングで誰かの役に プラ回収スコップを自作

社会

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena
木村さん(左)と共に、プラスチックを回収する近藤さん
木村さん(左)と共に、プラスチックを回収する近藤さん

 梅田中学校3年生の近藤鉄平さんは、自ら3D CAD(スリーディーキャド)(※)でモデリング(設計)し、自動的に3Dプリンタで組み立てられたスコップで、海岸のプラスチックごみを拾う活動をはじめた。生まれつき「筋ジストロフィー」という難病で、車いす生活を送る近藤さん。「これまで助けてもらうことが多かった。モデリングで、誰かの役に立てれば」と話す。※3D CAD…仮想の3次元空間上に立体的な形状を設計する、パソコンのソフトウェア。

 5月8日、茅ヶ崎海岸のヘッドランドビーチ(Tバー)に訪れると、ビーチ用の車いすに乗り、プラスチックを拾う近藤さんの姿があった。スコップで浜辺をすくうと、細かな砂の粒子は網目からこぼれ落ち、プラスチックの断片が残る。

 左右10cm、上下20cm、高さ2・5cmのスコップ面は、近藤さんがモデリング。3Dプリンタと「PLA」という穀物由来のプラスチック素材を用いて成型した。

 取っ手部分は、市販のフラフープの一部を活用した。湾曲の角度が「車いすに乗りながら拾うにはちょうど良いんです」と近藤さんは話す。

 このスコップが生まれるまで、たくさんの試行錯誤があった。網目が大きすぎるとプラスチックが脱落し、小さすぎると砂が詰まってしまう。フラフープとの接続箇所も、抜け落ちないように微調整を重ねた。

 砂に差し込む際の角度に改良の余地があるそうで「さらに工夫を加えたい」と、浜辺でひときわ輝く笑顔を見せる近藤さん。スコップは、市内の障害者や家族から構成される団体「Challenged」が6月に開催する、プラスチック回収イベントで活用予定だ。

「僕の一番弟子」

 3D CADとの出会いは、昨年1月頃。ものづくり講師などをしている木村朋道さん(51/十間坂在住)と知り合ったのがきっかけだ。

 3D CADや3Dプリンタは、かつては企業の試作品づくりなどで使われることが多かった。しかし現在では、無料で利用できる設計ソフトが普及。プリンタも1万円代から購入できるようになるなど一般化している。そんな中、動作の困難を補う「自助具」を、自分の身体に適したかたちで作る活用方法が普及しつつある。それを知った近藤さんは、木村さんに「弟子入り」した。

 最初は、携帯電話を立てかけるスタンドづくりからスタート。めきめきと腕を上げ、現在は外部の依頼を受けて、ジョイスティック(入力機器)の練習台などを設計している。木村さんは「本当に飲みこみが早い。僕の一番弟子です」と太鼓判を押す。

 小学4年生の頃からの車いす生活では「誰かに助けてもらうこと」が多かった。しかし今は「誰かの役に立つ経験」が増えている。プラスチック回収も、生まれ育った地域への貢献という思いが出発点だ。母の啓子さん(46)は「学校などでも積極的になった。自信がついているのがわかる」と目を細める。

 3D CADと出会い、輝きを増し続けている近藤さん。「これからも、世界にひとつしかない物を作りたい」と話す。

▲砂が落ち、プラスチック片が残る微調整された網目▶
▲砂が落ち、プラスチック片が残る微調整された網目▶

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

市に脅迫メール届く

市に脅迫メール届く 社会

小中学校など見回り警戒

7月1日号

1200Kmの旅経て漂着

1200Kmの旅経て漂着 社会

小笠原諸島で噴火の軽石

7月1日号

地元「なでしこ」 が躍動

地元「なでしこ」 が躍動 スポーツ

松浦渚選手・内藤友花選手

7月1日号

「物語詰まった」逸品並ぶ

「物語詰まった」逸品並ぶ 社会

9日 ストーリーマルシェ

7月1日号

7月は未就学児無料

大磯ロングビーチ OPEN

7月は未就学児無料 社会

7月1日号

ラグビーの魅力広める

ラグビーの魅力広める 教育

茅ヶ崎ラグビーフットボール協会

7月1日号

小清水仏壇店 お盆セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook