茅ヶ崎版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

浜見平団地で絶滅危惧植物を発見 近隣の公園へ移植

社会

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
しろやま公園北側に移植された
しろやま公園北側に移植された

 再開発が進む浜見平団地内でこのほど、絶滅が危惧される2種の植物が発見され、10月7日に近隣の公園へと移植された。市景観みどり課では「身近な自然について、市民の皆さんにも考えてもらうきっかけになれば」と話す。

一度は「絶滅」

 今回、移植された植物の一つがカヤツリグサ科の多年草「ヤマイ」。

 草丈は60cm程度で、夏から秋にかけ細い花径の先端に小さな穂をつける。全国的には珍しくない植物だが、市内では開発が進んだ1980年頃を最後に確認されず、「茅ヶ崎市レッドデータリスト2006」では絶滅種に位置付けられた。

 そんなヤマイが再発見されるのは2015年8月。浜見平地区で行われた調査の際、ボランティアが団地そばの緑地に生えているのを見つけた。

 ただ、このエリアではすでに開発が決まっていたため、市とUR都市機構が協議を重ね、16年11月28日に柳島記念館へ、17年10月に柳島スポーツ公園へと移植された。現在、市内でのヤマイの生息地は、15年10月に発見された赤羽根の湘南カントリークラブ内と2カ所だけという。

 今回、新たにヤマイが発見されたのは、浜見平団地南側のエリア。

 昭和30年代に建設された団地の建物が最後まで残る場所だが、早ければ年内にも取り壊しが始まり、今後は宅地などになることが決まっている。

 そのため今年7月、市が改めて調査したところ、ヤマイが見つかったため、団地からも近いしろやま公園へと移植されることが決まった。

 10月7日に行われた作業では、市職員やURの社員らがスコップで草を根ごと掘り出し、公園北側に移植した。

市南部で激減

 また、この日移植されたもう一つの植物がマメ科の「コマツナギ」。

 こちらも以前は茅ヶ崎市内全域で見られたが、急激に数を減らしており「茅ヶ崎レッドデータリスト2017」では、準絶滅危惧種に位置付けられている。

 特に数が激減しているのが南部エリア。かつては別荘などが多く、広い庭園内などでコマツナギもよく観察されていたが、近年急激に宅地化が進んだことで、生息できる場所が少なくなっているという。

 市景観みどり課の谷島桜さんは「移植した植物が無事に定着したら、小学校の総合学習などにも活用していきたい。市民の皆さんには足元の植物をはじめ、生物多様性について考えてもらえたら」と話した。

マメ科の落葉小低木で高さは1m以下。7〜8月に紅紫の花を穂状に付ける。
マメ科の落葉小低木で高さは1m以下。7〜8月に紅紫の花を穂状に付ける。
カヤツリグサ科の多年草で高さは60cm以下。日当たりのよい湿地などに生え7〜10月に穂を出す
カヤツリグサ科の多年草で高さは60cm以下。日当たりのよい湿地などに生え7〜10月に穂を出す

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

新規感染は1人

新型コロナ

新規感染は1人 社会

10月29日号

プレート作り体験会

「キープレフト」

プレート作り体験会 社会

11月6日 辻堂海浜公園

10月29日号

憧れのベイジュニアに選出

憧れのベイジュニアに選出 スポーツ

南湖在住 上谷選手

10月29日号

#ちがすきグッズ第2弾完成

ロゴデザインはRyu Ambeさん

#ちがすきグッズ第2弾完成 社会

11月14日・15日にラスカ茅ヶ崎で販売

10月29日号

「文化振興に役立てて」

国際ソロプチミスト茅ヶ崎市へ寄付金

「文化振興に役立てて」 文化

10月29日号

ユーモアたっぷり五十三次

ユーモアたっぷり五十三次 文化

藤澤浮世絵館で企画展

10月22日号

ブランチ茅ケ崎3 OPEN!

10月29日(金)AM10:00 NEW OPEN!詳しくはWEBサイトへ

https://www.branch-sc.com/chigasaki/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook