神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2022年1月7日 エリアトップへ

茅ヶ崎市美術館 「地域創造大賞」を受賞 ユニークな企画が評価

文化

公開:2022年1月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
2020年に行われたアロハシャツ展(提供写真)
2020年に行われたアロハシャツ展(提供写真)

 茅ヶ崎市美術館(小川稔館長)が、2021年度の「地域創造大賞」(総務大臣賞)を受賞することが決まった。「地域における創造的で文化的な表現活動のための環境づくりに特に功績のあった公立文化施設」を顕彰しているもので、21日には都内で表彰式が行われる。

 (一財)地域創造が、公共文化施設の活性化を目的に2004年度から実施している同賞。神奈川県内では横浜能楽堂や県立音楽堂、県立近代美術館などが大賞を受賞しており6例目となる。

ジャンル超え挑戦

 今年で開館25年目になる茅ヶ崎市美術館は「郷土美術館として豊かな地域発見に貢献した」ことが評価された。小川館長は「小規模美術館だからこそ、小さい企画でも奥行きのある展覧会が出来る」と話す。

 洋画家の萬鐵五郎や小山敬三、前衛書家の井上有一など地域にゆかりのある多彩な作家の作品を収蔵するほか、茅ヶ崎の夏の定番を取り上げた「アロハシャツ展」や、インクルーシブデザインの手法を取り入れた「美術館まで(から)つづく道」などジャンルを超え、さまざまな切り口に挑戦してきた。

 ホノルル美術館が所蔵するキルトコレクションを国内で初めて単独展示した「ホノルル美術館所蔵ハワイアンキルト展」(2017年)が好評を博したほか、18年には明治から昭和にかけて活躍した絵師で、特に海外で人気を博している小原古邨の大規模展示を行い、過去最高の入場者数およそ3万7千人を記録した。

 小川館長は「ローカルな館だが、全国に発信していける館になった。子どもや、まだ来たことがない人にもぜひ来ていただいて新しい発見をしてほしい」と話し、今後については「次のステージへ踏み出したい。ジャンルの垣根を超えていく挑戦をしていきたい」と話した。

 現在は戦後日本を代表する版画・彫刻家の浜田知明の展示「浜田知明アイロニーとユーモア」を2月6日(日)まで実施中。問い合わせは茅ヶ崎市美術館【電話】️0467・88・1177へ。

箱根湯の花ゴルフ場 うぐいす会員募集中

相模湾を眼下に望む、心躍るゴルフコース。空気の澄んだ高地で絶景を楽しみながらのプレーが満喫できます。

https://www.princehotels.co.jp/golf/experience/yunohana/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

過去最大932.3億円に

市新年度一般会計

過去最大932.3億円に

子ども・子育て支援に注力

3月1日

「茅ヶ崎ライブ」の感動再び

「茅ヶ崎ライブ」の感動再び

特別上映会にファン歓喜

3月1日

「パリへ切符つかみたい」

パラ水泳選手田中映伍さん

「パリへ切符つかみたい」

3月9、10日に選考会

2月23日

市内から2件が認定

県なでしこブランド

市内から2件が認定

医療介護・環境面で評価

2月23日

サーフィン松田選手と提携

茅ヶ崎市

サーフィン松田選手と提携

次世代育成でも協力

2月16日

多様性学ぶ教材開発へ

一般社団法人4Hearts

多様性学ぶ教材開発へ

3月2日までクラファン

2月16日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

小清水仏壇店

お彼岸ご奉仕会開催中!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

力作ずらり100点

力作ずらり100点 文化茅ヶ崎市

5日から 茅ヶ崎美術家協会展

3月5日~3月24日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook