茅ヶ崎版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

「じゃがいもん」北海道で活躍 梅中生2人がキャラ制作

教育

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
動画のサムネイル(北海道庁提供)
動画のサムネイル(北海道庁提供)

 梅田中学校(森井康匡校長)2年生の生徒2人が社会科の授業の一環で制作したキャラクターがこのほど、北海道庁の政策をPRする動画に採用された。北海道の名産ジャガイモを「ご当地キャラ」にしたもので、生徒は「北海道で好かれるキャラクターになってほしい」と話した。

 梅田中では2年生が社会科の授業で「都道府県調べ」を行い、各クラスの班ごとに、担当する地域の歴史や環境、産業などを調べてきた。その一環で地域の特徴を生かした「ご当地キャラ」を制作した。

ジャガイモをクール系男子に

 その1つが、北海道を担当した櫻井悠生(ゆうみ)さんと飯田琴莉さんが制作した「じゃがいもん」。イラスト描写は櫻井さんが担当、キャラ設定などは飯田さんが考え、「クールな感じのジャガイモ系男子」を表現した。

 北海道はジャガイモの生産量が全国1位であり、「すぐにご当地キャラと分かってもらえる名前にしたかった」と飯田さん。櫻井さんは「調べる中で季節風があることがわかった。暖かさを出すために赤色のマフラーや、手袋を着けた」。

 生徒の投票でクラスごとに代表を1つ決め、鹿児島県・兵庫県・北海道のキャラクター3つが選出された。昨年10月下旬、各道県の知事宛に郵送したところ、11月に北海道庁から反応があったという。

道発信動画で採用

 キャラクターは北海道のユーチューブ動画「じゃがいもんの北海道掘り立て情報」で観ることができる。道の担当者によると、じゃがいもんが道の政策について呼びかけ、職員が答えていくという内容で、「固くなりがちな話題を柔らかく伝えるのに役立っている」。「キャラクターが届いたときは正直驚きましたが、現在は道政情報を一緒に広報してくれている愛すべきキャラクターとなっています」とコメントした。

 2人は「クールな感じの声が当てられていて、世界観が増していた。本当に理想通り。北海道で好かれるキャラクターになってほしい」と話した。

櫻井さん(左)と飯田さん
櫻井さん(左)と飯田さん
動画は上記から
動画は上記から

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

危険箇所に歩道を整備

小出地区「七曲」

危険箇所に歩道を整備 社会

安全・利便性向上に期待

5月20日号

シーズン開幕戦、優勝飾る

シーズン開幕戦、優勝飾る スポーツ

BMX 内藤寧々さん

5月20日号

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

みどりの愛護功労者に

萩桜会

みどりの愛護功労者に 社会

公園の植樹・美化活動が評価

5月13日号

アロハマーケットが復活

アロハマーケットが復活 社会

14・15日 ステージなど多彩

5月6日号

「補助金返還必要なし」

防犯灯電気料金返還請求訴訟

「補助金返還必要なし」 社会

地裁 自治会の訴え認める

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月21日から8ホテルで

5月21日~5月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook