神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

茅ヶ崎市 消防団に新型車6台導入 操作性向上 高齢化に対応

社会

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
導入された車両=市提供
導入された車両=市提供

 茅ヶ崎市は老朽化した消防団車両の更新を進めており、2023年度からの3カ年で17台を導入する。3月9日、4つの分団に新型の小型動力ポンプ付積載車が配備されるなど今年度は6台の運用が始まった。市消防本部では「新型車が団員確保の一助にもなれば」と話す。

 茅ヶ崎市消防団は現在、消防団本部と茅ヶ崎、鶴嶺、松林、小出の4地区22分団がある。

 車両は各分団が使用する「器具置き場」1カ所につき1台が配備されており、市内では31台が運用されている。

 しかしその多くが導入から20〜30年が経過。なかにはギアがマニュアル仕様だったり、エアコンがついていない車両もあるという。

3年で17台配備へ

 そこで市は、14年度に3台、15年度に2台を導入するなど、車両の更新を進めてきた。その後は財政難などもあって停滞していたが、23年度から3年かけて新たに17台を導入することを決めた。

 今年度は約9700万円をかけて6台を導入。新車両は全車オートマチック車で、ホースの径が65mmから50mmへと細くなったことで取り回しがしやすくなるほか、これまで数人がかりで行っていたポンプの上げ下ろしを電動で1人でも行えるようになるなど、操作性を向上させている。

 3月に新型車が配備されたのは5分団下町地区(茅ヶ崎地区)、10分団今宿地区(鶴嶺地区)、15分団下赤地区(松林地区)、19分団下寺尾地区(小出地区)。また9分団新田地区(鶴嶺地区)と19分団行谷地区(小出地区)では昨年12月から、軽自動車タイプの運用が始まっている。

 市内の消防団員数は23年4月1日時点で398人(定員427)。充足率93・2%は県下で5位と低くはないが、団員の平均年齢は46・6歳と、全国平均の43・6歳と比べると3歳上回るなど、高齢化も進んでいるという。

 市消防本部では「新しい車両を導入することで、団員の減少や高齢化に対応するとともに、現役団員のモチベーションアップにもつながれば」と話している。

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

ゼロカーボンへ協定

茅ヶ崎市

ゼロカーボンへ協定

寒川町、東京ガスと締結

4月12日

住宅・商業地上昇率トップ

公示地価

住宅・商業地上昇率トップ

茅ヶ崎市 駅近需要続く

4月12日

避難所3〜7日分を備蓄

災害時トイレ

避難所3〜7日分を備蓄

「自宅避難」は想定外

4月5日

加山さん銅像お披露目へ

加山さん銅像お披露目へ

11日、名誉市民証も贈呈

4月5日

消防団に新型車6台導入

茅ヶ崎市

消防団に新型車6台導入

操作性向上 高齢化に対応

3月29日

パリパラ代表に決定

パラ水泳選手田中映伍さん

パリパラ代表に決定

選考会で派遣基準クリア

3月29日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

書家・稲村瑞穂さんが個展

4/27〜5/1

書家・稲村瑞穂さんが個展 文化茅ヶ崎市

「一期一会」テーマに

4月27日~5月1日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook