神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎・寒川版 公開:2024年6月28日 エリアトップへ

産前・産後にヘルパー派遣 家事・育児の負担軽減へ

社会

公開:2024年6月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
ポスターを手に事業をPRする市職員
ポスターを手に事業をPRする市職員

 茅ヶ崎市は7月1日から、「産前・産後ヘルパー事業」をスタートさせる。妊娠中や出産直後の家庭にヘルパーを派遣することで、家事や育児の負担を軽減し、安心して子どもを生み、育てられる環境づくりを目指す。

 この事業は、茅ヶ崎市に住民票がある妊娠中の人と出産後6カ月未満の人が対象。授乳のためのミルク作りやおむつの交換と片付け、保育園等への送迎の補助から、食事、洗濯、掃除、買い物などを派遣されたヘルパーが行うことで、「日常的に行う必要のある家事と育児」の負担軽減を図るもの。

 妊娠中や出産直後は心身に不調が起こりやすいうえに、生活が一変し家事の負担も増加するため、産後うつなどに陥る人も多いという。また、市内では子育て世代の転入が続いている一方で、両親など頼れる親族が近くにいない核家族も多いことから、事業の実施を決めた。

 市は昨年8月、「こどまちプロジェクト」を策定し、出産・育児をしやすい環境の整備を進めており、今回の事業はその第3弾に位置付けらる。今年度は約150人の利用を想定し、当初予算に約1330万円を計上。県内では横浜市や川崎市、平塚市が同様の事業を実施しているが、産前から利用できるのは珍しいという。

 サービスの利用には、希望日の7日前までに市への申請を行い、承認決定を受けたうえで、事業者に直接連絡して、日付や内容を決める。

 利用料金は1500円(1回2時間あたり)で、産前20回、産後20回までの利用が可能。

 市こども育成相談課は「サービスをうまく利用することで赤ちゃんに向き合う時間を増やし、楽しく子育てしてほしい」と話している。

 詳細は同課【電話】0467・81・7171へ。

茅ヶ崎・寒川版のトップニュース最新6

地元ゆかり4選手が出場へ

パリ五輪

地元ゆかり4選手が出場へ

メダル有力種目も

7月19日

記念歌碑「海 その愛」設置

茅ヶ崎市岡崎市提携40周年

記念歌碑「海 その愛」設置

加山雄三さん名誉市民も祝い

7月19日

主権者教育推進を明文化

寒川町議会

主権者教育推進を明文化

全国初 議会基本条例に

7月12日

前年比59万人の増加

茅ヶ崎市観光客数

前年比59万人の増加

コロナ禍からの回復顕著に

7月12日

救急で「マイナ保険証」活用

茅ヶ崎市消防本部

救急で「マイナ保険証」活用

搬送迅速化へ実証実験

7月5日

市町交流深化の架け橋に

特別対談

市町交流深化の架け橋に

佐藤光茅ヶ崎市長×木村俊雄寒川町長

7月5日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

茅ヶ崎・寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook