寒川版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

旭が丘中出身佐土原選手 B1広島と契約 関東大学リーグではMVP

スポーツ

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
試合に出場する佐土原選手(C)HIROSHIMADRAGONFLIES
試合に出場する佐土原選手(C)HIROSHIMADRAGONFLIES

 寒川町出身の佐土原遼選手(22・東海大4年)が、12月13日にプロバスケB1リーグの広島ドラゴンフライズと契約した。ポジションはスモールフォワード・パワーフォワード。すでに12月から5試合に出場している。

 佐土原選手は8歳から両親の影響でバスケを始め、旭ミニバスや旭が丘中バスケ部で育った。地元の総合体育館は様々な試合を経験した「思い出深い場所」という。

 その後、東海大相模高校を経て東海大で活躍。直近の関東大学リーグ戦ではチームを頂点に導き、MVPにも輝いている。昨年は特別指定選手として2カ月間ドラゴンフライズに加わり、14試合に出場、平均4・1得点の戦績を残していた。

 町に向けたメッセージとして「寒川町でプレーしている子どもたちの中からBリーガーが沢山出ることを楽しみにしています。環境などに左右されず、常に努力をし続けて名の知れる選手になってください。自分と一緒にコートに立ってプレーしましょう」とコメントしている。

寒川版のトップニュース最新6

X Gamesで銅メダル

寒川在住白井空良さん

X Gamesで銅メダル スポーツ

スケボーで新技成功

5月13日号

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

どまんなか祭り 復活

どまんなか祭り 復活 文化

7年ぶり、5月15日に開催

4月29日号

寒川駅東側に専用ポート

シェアサイクル

寒川駅東側に専用ポート 社会

21日から運用始まる

4月29日号

「地元でプレー楽しみ」

寒川町出身佐土原選手

「地元でプレー楽しみ」 スポーツ

20日 平塚で試合

4月15日号

ポストでブランド醸成

寒川町・日本郵政

ポストでブランド醸成 経済

「『高座』のこころ。」意匠に

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook