平塚版 掲載号:2011年7月7日号
  • googleplus
  • LINE

湘南ひらつかライフセービングクラブのパトロールリーダー 杉村 賢也さん 東海大学 文学部3年

海の素晴らしさを知る

 ○…『今日は小さな子どもを連れてきていますのでお願いします』と利用客に話しかけられることがある。「頼りにされるのが嬉しい」と、真っ黒に日焼けした顔を綻ばせた。海開きを迎えた湘南ビーチパークで事故を未然に防ぎ、市民が安全に海を楽しめるよう努める。今年は東日本大震災の津波被害を知って、海を敬遠する人もいるのではないかと心配が募った。震災後の1ヵ月は練習も中断になり、仲間と一緒に駅前で義援金の募金活動も行った。今夏、海から元気を呼びかけるつもりだ。

 ○…現在は大学付近の下宿で1人暮らし。東京に住む両親は卓球とボクシングで国体出場、結婚して家を離れた姉2人もトライアスロンに挑戦するなどスポーツ一家に育った。小さな頃からスポーツの魅力を教えてくれた両親を尊敬し、面倒見の良い13歳離れた姉にはご飯を作ってもらうなど頭が上がらない。家族は宝物だ。大学2年の時に祖父が亡くなったのを機に「今まで宙ぶらりんだったライフセービングに一生懸命に取り組んで、成長したい」と意欲的に取り組むようになった。

 ○…「ライフセービングって海外では足の不自由な人もしている特別なスポーツなんです」。それぞれがポジションを持ち、チームワークを駆使して利用客の安全を確保することにやりがいを感じるという。「相手の気持ちを思いやることが大切」と話す。

 ○…「目標を持って生活している今がとても充実している」と語る。常に自己研磨の努力は怠らない。将来の夢は競艇選手。もともと食が細く体格に恵まれていないのがコンプレックスだった。そんな時、父と一緒に行った競艇の魅力にとりつかれた。「ライフセービングでは尊敬する先輩や温かい仲間に囲まれて学ぶことが多い。その経験は将来、競艇の道に進むときに必ずプラスになる」。そう話す表情は明るく未来を見据えている。
 

平塚版の人物風土記最新6件

大谷 晋平さん

2月17日付で平塚八幡宮神輿会の会長に就任した

大谷 晋平さん

3月15日号

山本 彩加さん

2017年度公認会計士試験を全国最年少で合格した

山本 彩加さん

3月8日号

清田 宰宏さん

須賀史談会の会長として地域の歴史と今を記録する

清田 宰宏さん

3月1日号

岩崎 稔さん

自由民権結社の湘南社を研究し「鈴木房五郎」の論文を平塚市博物館に寄稿した

岩崎 稔さん

2月22日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月15日号

中根 瞳さん

「湘南ストロベリーマルシェ」の実行委員長を務める

中根 瞳さん

2月8日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク