平塚版 掲載号:2017年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

小学生バレーボールクラブ「神田ジュニア」の監督を30年以上務める 松浦 貞雄さん 田村在住 70歳

冷めぬ情熱 衰え知らず

 ○…創部35年を超える歴史を持つ小学生バレーボールクラブ「神田ジュニア」の監督。コーチを経て33年間、児童に向き合い今も指導を続けている。就任当初は、ロス五輪で活躍した全日本女子チームの追い風を受けてバレーボールは人気競技。40人超の児童を預かる大所帯の時もあれば、部員不足で休部や廃部を考えたこともあった。休むことなく活動できたのは、「1人でも教わりたいと願う子供が居たことと、協力的な父母のおかげ」と感謝し、「頑固者だから簡単に辞められなかった」と振り返る。

 ○…自宅近くの体育館から聞こえてくる元気な声が、競技普及と技術向上に携わるきっかけ。ハツラツとボールを追う児童の姿が北海道代表で国体に出場した経験を刺激、大学時代に教師を志したほどの「教え好き」も手伝った。技術以前に挨拶と礼儀の大切さを伝え、コートに立てば口癖のように「気持ちを合わせて」と言い続け、チームワークを重んじる。子供たちが技術以上のビッグプレーを見せれば「自分も嬉しくなる」と言い、成長していく姿に喜びを感じている。

 ○…家庭を顧みずバレーボールを優先するあまり、小言を並べていた妻は、就任15年目の1999年に初めて出場した全国大会を機に理解を示してくれた。JA共済連を定年退職後は、夫婦で過ごす時間も増えた。揃って街中へ出かければ運転手を買って出て、「言われた通りの場所まで運ぶアッシー君ですよ」とおどける。

 ○…毎年開かれる6年生を送り出す卒団式が苦手だ。児童から贈られる感謝の手紙や言葉に毎回目頭を熱くする。現在、チームには市内外から10人が在籍しており、来月に控える関東大会予選に向けて練習に励んでいる。6年生と共に戦える時間も残りわずかとあって自然とボールを打つ手に力が入る。「子供たちの若いエネルギーが原動力」。いまなお現役、情熱は衰えを知らない。

平塚版の人物風土記最新6件

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月15日号

中根 瞳さん

「湘南ストロベリーマルシェ」の実行委員長を務める

中根 瞳さん

2月8日号

平田 昇さん

NPO法人平塚のら猫を減らす会の理事長

平田 昇さん

2月1日号

土井 浩さん

元平塚市博物館長で、金田の郷土史本『わが住む里の江戸時代―かねだ―』を執筆した

土井 浩さん

1月25日号

岩崎 和輝さん

「第6回三十路式」の実行委員長を務める

岩崎 和輝さん

1月18日号

関口 雄一さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第60代理事長に就任した

関口 雄一さん

1月11日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク