平塚版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

NPO法人平塚のら猫を減らす会の理事長 平田 昇さん 東真土在住 53歳

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

猫を見守りつながり築く

 ○…昨年8月に「平塚のら猫を減らす会」の理事長に就任したと同時にNPO法人格を取得した。行政や自治体と協力し合いながら野良猫の保護や、去勢不妊手術、住民同士で見守る「地域猫」の理解促進、保護猫の譲渡会、街頭募金などを展開する。同会が管理する総合公園では、16年前に150匹ほどが生息していた野良猫も、現在は42匹ほどに減少し、一代限りの命を見届けている。

 ○…北海道札幌市に生まれた。新しいもの好きな少年で、友人の家で見かけたパソコンに興味を抱き、小学生ながら商業系大学に足を運んで、スキルを身に付けた。高校在学中に大手銀行の内定を得て卒業と同時に上京。23歳で結婚した後、銀行を退職、石油の専門商社、ガソリンスタンド経営、販売促進マネジメントなどの多彩なキャリアを積み上げて、32歳で独立。パナソニック製品の施工を請け負う「平田工業」を立ち上げた。

 ○…「実は動物全般が好きですが、猫が特段好きなわけではありません」と頭をかく。入会のきっかけは、入居するマンションに野良猫が10匹ほどたむろしていたのを見かけたこと。近隣トラブル回避の相談をしようと2年前に、同会の門を叩いた。初参加した総会で意見が対立する構図に「ポテンシャルがあるのにもったいない」と、経営者の血が騒いだ。趣味と仕事で身に付けた手腕を発揮しホームページやSNSで情報発信したり、会員の士気高揚のために情報共有を図ったりと、会を盛り立てている。

 ○…会の活動と仕事で忙しい日々を送るが、保護猫の里親が見つかった報告などを聞くと「かつて不幸だった子が幸せになってくれた」と頬がゆるむ。野良猫問題がある地域は住民同士のコミュニケーション不足があると感じたことから、地域住民が猫を媒介に交流する拠点をつくる構想も抱く。「猫を通して人と人とのつながりが再構築されれば」と期待を寄せている。

平塚版の人物風土記最新6

田中 國義さん

平塚市スポーツ協会の会長を務める

田中 國義さん

富士見町在住 79歳

8月11日号

鈴木 憲子(のりこ)さん

今年70周年を迎えた平塚美術家協会の会長

鈴木 憲子(のりこ)さん

横内在住 75歳

8月4日号

田中 政也さん

大磯海水浴場で監視リーダーを務める

田中 政也さん

真田在住 21歳

7月28日号

工藤 麻紀子さん

平塚市美術館で企画展「花が咲いて存在に気が付くみたいな」を開催している

工藤 麻紀子さん

横浜市在住 44歳

7月21日号

奈良部 真弓さん

湘南ひらつかライフセービングクラブでジュニア育成に携わる

奈良部 真弓さん

秦野市在住 56歳

7月14日号

坂口 由里香さん

平塚を拠点に活動するプロビーチバレー選手の

坂口 由里香さん

市内在住 27歳

7月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook