平塚版 掲載号:2018年3月8日号
  • LINE
  • はてぶ

2017年度公認会計士試験を全国最年少で合格した 山本 彩加さん 寺田縄在住 20歳

「この教科書は一生の宝物」

 ○…企業の会計や監査、コンサルティングに携わる公認会計士。医師、弁護士と並んで三大国家資格とされる試験に、全国最年少の19歳8カ月で合格した。試験は「短答式」と「論文式」のクリアが条件。今年度は1万1032人が出願、合格率11・2%の狭き門を突破した。「努力はしたけど、まさか本当に受かるとは」と目を丸くし、「支えてくれた人に感謝したい」と、合格の喜びをかみしめる。

 ◯…3人兄姉の末っ子として寺田縄に生まれた。毎日夕陽が射すまでグラウンドを駆け回る活発な少女だった。金旭中ではバレーボール部で汗を流した。得意科目は数学で成績は中位だったという。「早く独り立ちしたい」と、就職を見据えて平塚商業高校に新設された総合ビジネス科に進み、簿記と出会った。その魅力を「理屈を理解すれば、自分で解けるようになること」と口にする。さらに簿記を極めようと、大原簿記情報ビジネス専門学校に進学、才能が開花した。

 ○…「こんなに勉強しているのだから、マジで公認会計士になりたい」。平日は1日12時間以上、勉強漬けの日々を過ごした。折グセがついて切れかかった表紙を何度もテープで補修、どのページも手書きの文字だらけになった教科書は、一生の宝物だ。「仲間と恩師がいなかったら、合格はなかった」とはにかむ。自分とよく似た、負けん気が強い友人をライバルに見立てて、アドバイスをし合うなど切磋琢磨した。同期6人で短答式に挑戦したが、突破したのは一人だけ。「精神的に辛かったけど、マンツーマンで指導してくれた恩師の期待に応えたい」と一層、奮い立たせた。

 ◯…現在は国内4大監査法人のひとつに内定が決まり、研修などで忙しい。正式な公認会計士となるには3年後の合格者対象の試験と、2年間の実務経験が必要だ。「気を緩めず、勉強を重ねる」と力強く語り、輝くバッジをめざして着実に歩を進めている。

平塚版の人物風土記最新6件

鈴木 文雄さん

ひらつか民俗芸能まつりの実行委員長

鈴木 文雄さん

11月15日号

白土 栄子さん

平塚市中央公民館市民アカデミー「気張らない子育て」の講師を務める

白土 栄子さん

11月8日号

岩崎 夏子さん

「1761スタジオ」の代表で、「平塚地下道ミュージアム」に参加している

岩崎 夏子さん

11月1日号

佐野 友洋さん

11月1日から3日まで「建学祭」を開催する東海大学湘南学生会の会長を務める

佐野 友洋さん

10月25日号

松田 早苗さん

陶磁器上絵付師として国内外で活動する

松田 早苗さん

10月18日号

秋濱 克大さん

彫金作家として活動する

秋濱 克大さん

10月11日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク