平塚版 掲載号:2018年7月5日号 エリアトップへ

今年100周年を迎えた守山乳業株式会社の代表取締役社長 大塚 直人さん 龍城ケ丘出身 68歳

掲載号:2018年7月5日号

  • LINE
  • hatena

次の100年向け 基盤づくり

 ○…当時貧困に苦しんでいた酪農家の役に立とうと乳製品加工業を始めて1世紀。日本初のコーヒー牛乳の大ヒットを皮切りに、無糖ミルク缶の冨士エバミルクやソフトクリームミックスなどを開発。乳製品の味わいを生かしながら常温で長期保存可能な「ロングライフ乳製品」を開発するパイオニアとして業界をけん引してきた。今年は若手社員から意見を募り、経営理念「笑顔を創る」を策定。一致団結して次の100年に臨む。

 ○…平塚海岸に面した龍城ケ丘に生まれた。平塚江南高校から慶應義塾大学法学部に進学した後、祖父が創業した守山乳業に入社した。配属先の営業部では「何度も足を運ぶタイプの営業マンで、夜に残業中の取引先に会いに行ってはかわいがってもらったものだよ」と懐かしむ。

 ○…石油ショック後の原料高騰やバブル経済の崩壊といった外部環境の中、5代目社長に就任した。就任時に幹部社員を集め、厳しい業績をつまびらかにして訴えた。「社員が自由闊達に意見を言える職場環境をつくろう」。社員が中心のアワーカンパニーに生まれ変わった瞬間だった。社員同士で交わされたアイデアはユニークな商品を誕生させる。そのひとつの「MORIYAMA黒ごまプリンプラス」は、歯ぐきでつぶせるとして介護食品コンクールで農林水産省食料産業局長賞を受賞した。「社員の成長が会社の成長につながる。お客様から社員を褒めてもらった時がなによりうれしいね」と目を細める。

 ○…来年1月に南足柄市に新工場を竣工予定。固形物を含んだ飲料の充てんができるような設備を備え、これまでの1・5倍の生産量を見込む。「今は基盤づくりの大事な時。これからも美味しさのおすそ分けをしていきたい」と意気込んでいる。

平塚版の人物風土記最新6

山田 真美子さん

寄稿誌「ひろば」の500号記念特集を発行した市民団体「ひろばの会」代表

山田 真美子さん

秦野市在住 68歳

1月20日号

花田 慎介さん

平塚・大磯・二宮の若手経済人が集まる平塚青年会議所64代理事長の

花田 慎介さん

めぐみが丘在住 39歳

1月13日号

松田 笑空(みく)さん

令和4年平塚市成人式実行委員会の副実行委員長を務める

松田 笑空(みく)さん

徳延在住 19歳

1月6日号

ジョーンズリチャード剛(ごう)さん

大学選手権に出場する東海大学ラグビー部「SEAGALES」の主将を務める

ジョーンズリチャード剛(ごう)さん

市内在住 22歳

12月23日号

馬場 芳道さん

陶芸公募展「菊池ビエンナーレ」で作品が入選した

馬場 芳道さん

寺田縄在住 76歳

12月16日号

齋藤 美代子さん

今年度の神奈川県環境保全功労者として表彰された

齋藤 美代子さん

西真土在住 74歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook