平塚版 掲載号:2019年2月14日号
  • LINE
  • hatena

神奈川県 シェアサイクル実証実験 観光促進へ 湘南広域で初

社会

 自転車による周遊観光を促進し、湘南地域の観光地としての魅力を高めようと、県と平塚市をはじめ4市3町などからなる湘南地域自転車観光推進協議会は、シェアサイクルの導入に向けた実証実験事業に乗り出す。現在、協働事業者を募集しており、県は「江の島でセーリングワールドカップが開催される8月から実施したい。自転車は環境にも配慮した移動手段なので、多くの人に利用してもらえれば」と話している。

 シェアサイクルは、複数の駐輪場(サイクルポート)でいつでも、どのポートでも自転車の貸し出し、返却が可能な交通手段。エリアは平塚、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎の4市と、寒川、大磯、二宮の3町で、湘南広域での実証実験は県内初となる。

 期間は8月1日から2022年3月31日まで。各市町のJR東海道線主要駅から国道134号線の間にポートを設置し、経済効果や利用者数、利用時間などのデータを検証する。設置場所は公共用地やコンビニの駐車場などを想定している。

全国で導入が加速

 昨年6月、国の「自転車活用推進計画」が閣議決定され、現在、全国的にシェアサイクルの導入が加速。そうした中、同協議会は「富士山を眺めながらサイクリングできる絶好のビュースポットである湘南地域で周遊観光を促進し、利用者の利便性向上につなげたい」と同事業を進めている。

 市内での利用について、県観光企画課は「平塚駅で下車して平塚海岸に行く場合、徒歩かバスくらいしか手段がない。駅周辺に貸し自転車サービスはあるが、借りた後は元の場所に返却しなければならない」。その点シェアサイクルなら、「例えば平塚で借りて海岸通りをサイクリングし、鎌倉で乗り捨てるなど、湘南の広域を周遊することも可能。交通ルールを守って多くの人に利用してほしい」としている。

3月に事業者を選定

 協働事業者の募集は、県内でシェアサイクルの実施実績のある企業などが対象。2月22日まで参加意思表明書を受け付け、3月に行う提案プレゼンテーションを経て、3月20日に選定結果を通知する。また、ポートの設置にかかわる費用は協働事業者が負担する。

 自転車の台数や、ポートの場所と設置カ所数、利用料金のほか、期間終了後の継続利用については、協議のうえ決定する。

平塚版のトップニュース最新6件

可憐に生きた13歳24日

写真で地域の魅力 再発見

平塚市

写真で地域の魅力 再発見

3月21日号

外国籍就学不明児39人

平塚市

外国籍就学不明児39人

3月14日号

タイトル挑戦権かけ出場

升水翔兵さん

タイトル挑戦権かけ出場

3月14日号

新港に多目的広場を整備

平塚市

新港に多目的広場を整備

3月7日号

総額178万円を過大徴収

平塚市

総額178万円を過大徴収

3月7日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歴史物語る民具を展示

歴史物語る民具を展示

市博物館で特別展

3月21日~5月6日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク