平塚版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

平塚警察署の第67代署長に就任した 春田 政之さん 警視正 57歳

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena

平塚の治安守る「現役学生」

 ○…毎年のように訪れた七夕まつりの情景は、今でも鮮明に覚えている。華やかに始まり瞬く間に訪れる祭りの終幕は、いつも切なかったという。あれから半世紀。平塚警察署の舵取り役として思い出の地に戻ってきた。着任した9月5日には、「まずは市民第一、そのために署員同士で助け合おう。そして自分自身や家族を大切に。美しい平塚の安全を共に守り抜こう」と訓示した。

 ○…横浜の母子家庭に育った。小中学校では柔道で腕を鳴らした。そのころから読書家の一面も持ち合わせ、洋の東西を問わずあさった書籍の数々に好奇心を刺激され「広い世界が見たい」と大学進学を志した。しかしアルバイトに励むも、必要な入学金と授業料を確保できず受験を断念。高校卒業後は知人の勧めで警察の道に進んだ。

 ○…警察学校で勤勉な姿勢が評価されると、警察大学校で外国語を学ぶ機会を得た。その後は主に国際捜査や国際テロ対策の分野を渡り歩いた。5年間にわたり海外で邦人の安全警護にあたったり、教養課長として県警本部で通訳職員の育成に携わったこともある。こうした経験から「地域の治安を考える時、私はそこに暮らす多種多様の人たちを想像します。お互いのちょっとした違いを分かち合える『多文化共生』を実現した平塚になれば良いなと思います」。

 ○…55歳で一念発起し、早稲田大学に入学。人間環境科学科の通信教育課程に在籍し「多文化共生」について学んでいる。「大学進学は10代の時のやり残しでもありましたが、あくまでこれから先に向けた準備のためです。定年後はこれまでの経験を生かしながら、地域に少しでも貢献したいですね」。明け方、レポート提出に追われるそんな”大学生”を妻と2人の息子たちは誇りに思っている。

平塚版の人物風土記最新6

鈴木 慎一郎さん

東京地方税理士会平塚支部で支部長を務める

鈴木 慎一郎さん

大磯町在住 57歳

11月14日号

高木 隆弘さん

競輪で通算500勝を達成した

高木 隆弘さん

平塚競輪場所属 50歳

10月24日号

中戸川 伸一さん

創立50周年を迎えた県立平塚養護学校の校長

中戸川 伸一さん

座間市在住 56歳

10月17日号

山本 五十年(いそとし)さん

「湘南真田メディケアセンター」を運営する医療法人救友会の理事長を務める

山本 五十年(いそとし)さん

片岡在住 69歳

10月10日号

小倉 隆史さん

県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」園長の

小倉 隆史さん

浦安市在住 41歳

10月3日号

高久 直輝さん

第20回「村井弦斎まつり」の実行委員長

高久 直輝さん

宝町在住 42歳

9月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク