平塚版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

ホークスから2位指名 東海大野球部・海野隆司捕手

スポーツ

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
会見終了後、フォトセッションに応じた海野隆司捕手
会見終了後、フォトセッションに応じた海野隆司捕手

 東海大学硬式野球部(宮﨑康文部長、安藤強監督)の海野隆司捕手(4年)が、17日に東京都内のホテルで開催された2019年プロ野球ドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスから2巡目に指名を受けた。注目の強肩捕手は「2位指名という高い評価をしていただいた。うれしいの一言に尽きます」と白い歯を見せた。

「海(かい)キャノン」で勝負

 運命の日、午後5時。会見会場にブレザー姿で登場した海野選手は緊張した面持ちで着席。眼前のドラフト会議中継モニターを注視しながら吉報を待った。今夏の甲子園で活躍した注目投手の名前が呼ばれた1巡目が終わると、水を一口含んで天を仰いだ。

 朗報は2巡目にやってきた。ホークスから指名されると緊張が解けたのか、安堵と驚きの入り混じった表情を浮かべた。2年前の日本シリーズから憧れを抱き、目標としてきた甲斐拓也捕手を要するホークスからの指名に「すごく強いチーム。憧れの甲斐選手もいる。追い付け、追い越せという精神で覚悟を持ちしっかりやっていきたい」と前を見据えた。対戦したい選手は広島東洋カープに1位指名を受けた明治大学の森下暢仁投手。「正直仲が良い。(大学野球日本)代表でもバッテリーを組み、一緒にやってきた。上の世界で対戦できたらこれ以上うれしいことはない」と話した。

 海野選手が2年次に就任した安藤監督は「素直で向上心が強い。意識をもって臨む選手なので、3年の春以降、代表に選ばれてからは一段と変わった。甲斐選手という良い手本がいるから、しっかり練習し頑張ってほしい」とエールを送った。

 強肩の甲斐選手の「甲斐キャノン」を例に、「自身で愛称を付けると?」という質問には「海野の海で海(かい)キャノンで」とはにかんだ。そして「周りからもしっかり信頼されて、ファンからも愛されて、夢を与えられるような選手になりたい」とプロ野球選手人生の抱負を語った。

 ■海野隆司(うみの・たかし)1997年7月15日生まれ。岡山県岡山市出身。福岡下町ソフトボール、ファイターズ岡山を経て関西高校硬式野球部へ。2年次に甲子園に出場。東海大では2年春に正捕手。3年春に打率3割3分3厘で首位打者に輝く。2018年度、19年度の侍ジャパン(野球日本代表)に選出。右投右打。173cm・83kg。
 

野球部員たちと喜んだ
野球部員たちと喜んだ

平塚版のトップニュース最新6

64歳1カ月で最高齢勝利

平塚競輪場三ツ井選手

64歳1カ月で最高齢勝利 スポーツ

鋭く差し切り351勝目

12月12日号

勝利で「残留」つかめ

ベルマーレ

勝利で「残留」つかめ スポーツ

14日、J1参入プレーオフ

12月12日号

最終戦「必勝」誓う

湘南ベルマーレ

最終戦「必勝」誓う スポーツ

11試合ぶり白星で残留に望み

12月5日号

共同調理場 田村に整備

共同調理場 田村に整備 教育

中学校給食へ22年度着工めざす

12月5日号

相模小 工事契約へ

平塚市

相模小 工事契約へ 政治

一般会計12月補正は約4億円

11月28日号

J1残留へ「大一番」

湘南ベルマーレ

J1残留へ「大一番」 スポーツ

30日、ホーム最終戦

11月28日号

七夕太鼓、リトアニアに響く

七夕太鼓、リトアニアに響く 文化

保存会が訪問、喝采浴びる

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク