平塚版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

4月1日付けで第31代平塚商工会議所青年部(YEG)会長に就任した 宝蔵寺 賢(さとし)さん 土屋在住 44歳

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena

新しい平塚 共に創る

 ○…若手経済団体・平塚商工会議所青年部(平塚YEG)の会長に就任した。スローガンに掲げるのは「Together〜共創が未来のカタチを創る〜」。新型コロナの影響で顔を合わせたイベントや会議ができない中、「せめてスローガンはみんなの気持ちが一緒だと伝えたい。新しい価値を共に創りあげていくことがYEGだけでなく地域の発展にもなる」と会員たちを鼓舞する。

 ○…2014年には公益社団法人平塚青年会議所(平塚JC)の理事長を務め、16年に卒業。「みんなで何かにチャレンジするのが好き。もっと活動を続けたい」と、17年2月に平塚YEGに入会した。スローガンの「共創」には、平塚JCをはじめとする各団体との横のつながりも含まれている。「多様な団体の意見を取り入れることが必要になってくる。課題解決の近道だと思っています」と期待する。

 ○…ひらつかリトアニア交流推進実行委員会のサポート部会長でもある。18年には七夕まつり会場でリトアニア製ビールの販売を初めて実施したほか、19年6月にはリトアニア現地を視察するなど、ホストタウンとして地域を盛り上げる旗振り役を担ってきた。「五輪に関わるというのは一生に一度。光栄なことだと思う」と話す。

 ○…七夕まつりへの思いは特に熱い。「出会いと願いの叶うまちとして平塚を発信したい」と、市内の空きテナントを活用した若手起業家支援のほか、七夕グルメを一年中楽しめる「七夕横丁」など、アイデアは尽きない。コロナ前は仲間と新幹線に飛び乗り、静岡のおでん横丁や沼津漁港に行っては「平塚にも欲しいね」と語り合った。「1年かけて、新しい七夕のカタチを提言します」。夢を描ける平塚を創っていく。

平塚版の人物風土記最新6

雨宮 恵子さん

平塚地区自閉症児・者親の会(平塚やまびこ会)の地区代表を務める

雨宮 恵子さん

長持在住 57歳

4月8日号

宝蔵寺 賢(さとし)さん

4月1日付けで第31代平塚商工会議所青年部(YEG)会長に就任した

宝蔵寺 賢(さとし)さん

土屋在住 44歳

4月1日号

蓮見 康二さん

2月にJR平塚駅と大磯駅の駅長に就任した

蓮見 康二さん

東京都在住 52歳

3月25日号

伊東 幸子さん

元麻布ギャラリーで14日まで「びん細工展」を実施している

伊東 幸子さん

明石町在住 87歳

3月11日号

野口 海斗さん

昨年12月に行われた大会で全国総合優勝したサーフィンサークルCORE主将の

野口 海斗さん

東海大学工学部2年 20歳

3月4日号

濟藤 未夢(さいとう みゆ)さん

第104回日本陸上競技選手権大会・室内競技の女子60mハードルに出場する

濟藤 未夢(さいとう みゆ)さん

高浜台在住 21歳

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新 社会

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク