平塚版 掲載号:2021年4月8日号 エリアトップへ

平塚地区自閉症児・者親の会(平塚やまびこ会)の地区代表を務める 雨宮 恵子さん 長持在住 57歳

掲載号:2021年4月8日号

  • LINE
  • hatena

視線の先に「当然」の社会

 ○…平塚駅南口の噴水に鎮座する人魚像「海の賛歌」が、日没を迎えると青色にライトアップされている。自閉症の子の保護者らで構成される「平塚地区自閉症児・者親の会」(通称/平塚やまびこ会)の中心メンバーとして市に働きかけ、実現した。これは自閉症への正しい理解を広める啓発の一環で、ほかにも同会の地区代表としてさまざまな取り組みに奔走。「想像力、優しさ、ゆとりある社会の実現」を目指している。

 ○…埼玉県に生まれた。幼少期にピアノを習い始め、小学生の時には合唱コンクールの東日本大会に伴奏者として出場した。音楽が持つ表現力に魅せられ、中学では音楽部に所属。「もともと内気な性格だった」が、ピアノの上達と共に自信も備わり、生徒会活動などにも積極的に加わるようになった。高校卒業後は教員を志し、東京学芸大学の音楽科に学んだ。

 ○…都内の中学に勤めていた28歳の時に結婚。平塚へ移り住み、その後3人の子宝に恵まれた。3歳児健診で長男が自閉症だと分かったのは、今から20年ほど前。長男が成人した今も常に目が離せず、外出時は手をつないで移動する。これまで心無い噂や偏見に心を痛めることも少なくなかったが、うれしい出来事もあった。「3姉弟が同じ小学校に通えることが決まった時、長女と次男が心から喜んでくれて。『世の中には色々な個性が存在して当然』ということを彼らから教わった気がした」と振り返る。

 ○…県自閉症協会の会長も務めるなど、多忙な毎日の中にあって、自宅でのピアノ練習は大切なリフレッシュの時間になっている。今後については「引き続きやまびこ会の活動に全力を」ときっぱり。「尊重し合える社会」に向け、不退転の覚悟をのぞかせた。

平塚版の人物風土記最新6

冨樫 幹大(みきひろ)さん

湘南ベルマーレひらつかビーチパークのライフセービングクラブリーダー

冨樫 幹大(みきひろ)さん

東海大3年 21歳

7月22日号

中谷 啓秀さん

6月に湘南ひらつか七福神会の会長に就任した

中谷 啓秀さん

榎木町在住 40歳

7月15日号

白石 慎太郎さん

今年設立20年を迎える平塚警察署協議会の会長を務める

白石 慎太郎さん

中堂在住 59歳

7月8日号

志村 吉一さん

5月27日付で平塚市防犯協会の会長に就任した

志村 吉一さん

東中原在住 72歳

7月1日号

水嶋 一耀さん

今年50周年を迎えた市内の美術愛好会・すさ美会の会長を務める

水嶋 一耀さん

紅谷町在住 77歳

6月17日号

松山 明彦さん

平塚市観光協会の事務局長に6月1日付けで就任した

松山 明彦さん

岡崎在住 60歳

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter