平塚版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

4月1日付で平塚市消防本部の第21代消防長に就任した 山崎 伸一さん 田村在住 59歳

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

地域に寄り添う消防を

 ○…消防長就任後、訓示で伝えたのは「市民の気持ちに寄り添う大切さ」。火災等の現場で市民と接する消防隊員、救急隊員に「消防の人が身近にいてくれてよかった、安心したと思ってもらえる関係性を作っていって欲しい」と激励した。「多様な視点が必要」と近年増えてきた女性隊員にも期待する。「現場での要救助者への気配りなどは参考になることも多い。育休復帰後も違和感なく働ける環境づくりに徹します」と部下たちを見つめる。

 ◯…消防を志したきっかけは、神田小学校低学年の頃、近所の住宅で炎上火災が発生し、消防隊の消火活動を目の当たりにしたことだ。「果敢に火に向かっていく様子は子どもながらにすごいと思い、憧れました」。19歳で消防職員に採用され、消防隊へ配属。「火を食い止めた時の達成感を味わったら、あとは無我夢中でした」と笑う。

 ◯…災害が発生したら、と思うとなかなか遠出もできないが、ドライブと釣りが息抜きだ。「田村育ちなので神川橋付近で鮎釣りは子どもの頃からやっていました。消防長としてしっかり務めを果たした後、ゆっくり楽しみたいですね」

 ◯…「火災現場の熱気、騒音、近隣住民の視線。訓練とはまるっきり違います」。隊員として現場に出動していた頃と比べると、住宅の耐火性能向上などもあり市内の火災件数は減少傾向にある。隊員たちに現場経験をどう積ませるかは課題の一つだ。「若い頃は火災発生が年間120件以上あり、出動機会も多かった。火災が少ないのは良いことですが、火消しの技術の伝承も大切。訓練等工夫していきたい」。消防や救急隊等を担ってきた約40年の経験とともに、消防のスペシャリスト育成に熱をこめていく。

平塚版の人物風土記最新6

米山 健二さん

障害者就労施設の職員として衛生管理手法HACCPの認証取得に尽力した

米山 健二さん

しんわルネッサンス勤務 48歳

4月29日号

石原 淳さん

4月1日付で平塚市病院事業管理者(平塚市民病院)に就任した

石原 淳さん

南原在勤 66歳

4月22日号

山崎 伸一さん

4月1日付で平塚市消防本部の第21代消防長に就任した

山崎 伸一さん

田村在住 59歳

4月15日号

雨宮 恵子さん

平塚地区自閉症児・者親の会(平塚やまびこ会)の地区代表を務める

雨宮 恵子さん

長持在住 57歳

4月8日号

宝蔵寺 賢(さとし)さん

4月1日付けで第31代平塚商工会議所青年部(YEG)会長に就任した

宝蔵寺 賢(さとし)さん

土屋在住 44歳

4月1日号

蓮見 康二さん

2月にJR平塚駅と大磯駅の駅長に就任した

蓮見 康二さん

東京都在住 52歳

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter