平塚版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

寄稿誌「ひろば」の500号記念特集を発行した市民団体「ひろばの会」代表 山田 真美子さん 秦野市在住 68歳

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena

「読み書き」は考えること

 ○…様々なことに関心を持ち、学習会や講演会など学習の場を共有していくことを目的に活動する「ひろばの会」。1979年に「平塚母親の会」として発足し、80年2月から、毎月会報の寄稿誌「ひろば」を発行してきた。「会員さんはもちろん、支えてくれる人たちのおかげで500号まで継続してこられた。感無量です」と、安堵の表情を見せる。

 ○…福島県出身。教師を目指し、一般企業で働きながら通信で教員免許を取得するも、「働いているうちに仕事が楽しくなり、本当に先生になりたいかわからなくなった」と、教師の夢を断念。会報誌の制作に携わり、次第に編集者の道を目指すように。その後、出版社に転職した。「決して筆まめではないけれど、発行して読者や関係者から反応があるのがおもしろい」と、のめり込んでいった。

 ○…結婚を機に平塚へ。2人の子どもに恵まれた。「知り合いもなく、社会とつながりたいと思っていたとき、母親の会の学習会に参加して。これをきっかけに輪が広がっていった」と懐古する。1996年から代表となり、現在の会員数は85人。2019年に40周年を迎え、記念事業として講演会と上映会を行った。その際、「たくさんの人に来ていただき、出会いもあった。その時のご縁で500号に寄稿してくださった方もいます」とうれしそう。

 ○…コロナの影響でなかなか集まれないため、「ひろば」の発行が活動の要に。「今は多様性の時代。いろいろな意見をまとめるのではなく共有する。時代は変わっても『読み書き』は人間の基本的行為。それが考えることにつながる」と力説する。「会の活動の火を消さないためにも、若い世代につなげていきたい」と前を向いた。

ひらしん平塚文化芸術ホール

和洋折衷を融合させた竜馬四重奏が平塚初上陸!6月8日18時30分開演

https://hiratsuka.hall-info.jp/

<PR>

平塚版の人物風土記最新6

石川 正行さん

4月から22年度平塚逸品研究会の会長に就任した

石川 正行さん

四之宮在住 49歳

5月12日号

小澤 清一さん

4月から平塚市私立幼稚園協会会長に就任した

小澤 清一さん

豊田本郷在住 70歳

5月5日号

水島 聡子さん

平塚商工会議所青年部の新会長に就任した

水島 聡子さん

土屋在住 44歳

4月28日号

花村 聡一郎さん

3月に浜岳郷土史会の会長に就任した

花村 聡一郎さん

桃浜町在住 76歳

4月21日号

田中 一雄さん

4月1日付で平塚市消防本部の第22代消防長に就任した

田中 一雄さん

入野在住 56歳

4月14日号

大家 万明(かずあき)さん

4月1日に設立されたアマチュア無線平塚市制90周年記念局の代表を務める

大家 万明(かずあき)さん

日向岡在住 68歳

4月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook