小田原版 掲載号:2018年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

「神奈川がんばる企業エース」の認定を受けた(株)グラスキャリコの代表取締役を務める 岩沢 達さん 前川在住 44歳

果てなき道を歩む幸せ

 ○…工房に並ぶグラスを「この子」と呼ぶのは、手作業で生み出す作品への深い愛情の表れだ。ガラス作家として稼ぐのは楽ではないが、「赤く溶けたガラスのそばにいられたら幸せ」と意に介さない。とはいえ、工房を手伝う妻と子2人を支える夫であり父でもある。「好きなことをやらせてもらっているからこそ、子ども達にひもじい思いはさせたくない」と、近年はガラス吹き体験教室の開催にも積極的。こうした経営努力が評価され、神奈川県から「神奈川がんばる企業エース」の認定を受けた。

 ○…群馬県出身。高校卒業後は建設会社を経て、車の整備士として地元で働いていた。特別な思い入れはなく、仕事中に考えるのはアフター5のことばかり。だが24歳の時、知人に連れていかれた横浜のガラス工房で人生の転機を迎える。ドアを開けた瞬間に目に飛び込んできたのは、初めて見る色とりどりのガラス工芸品。「これをやりたい」。一瞬にして心奪われ、専門学校へ入り技を学んだ。あれから約20年、情熱は今なお増すばかりだ。

 ○…30歳の頃、見識を広めようとワーキングホリデーを活用してオーストラリアへ。トレーラーハウスに住み、農場で牛の世話をして過ごした。「庭でカンガルーと鉢合わせすることもある田舎。星空が美しかった」。ある晩に牛舎から眺めたリング・アラウンド・ザ・ムーン(月光冠)。その感動から生まれたのが、水を注ぐとあの光景が底に現れるグラスだ。

 ○…大正時代の蔵を改装した工房は、夏場となればサウナのよう。眼前の相模湾から吹き上げる潮風が扇風機代わりだ。額から汗を滴らせ、竿に息を吹き込み考えるのは、「さっきより今度はもっと上手に作りたい」。クリアのない果てなき道だからこそ、夢中になれる。

小田原版の人物風土記最新6件

たなか きょおこさん

小田原の風景をまとめたビジュアルブック「小田原たてものさんぽ」の著者

たなか きょおこさん

9月8日号

市川 聡さん

東日本大震災復興支援チャリティーコンサートの実行委員長を務める

市川 聡さん

9月1日号

真壁 一昭さん

市民会館で40周年記念カラオケ発表会を行う

真壁 一昭さん

8月25日号

大垣 徹晃さん

関東マスターズ大会100mで銅メダルを獲得、9月にアジア大会に出場する

大垣 徹晃さん

8月18日号

太田 光陽さん

8月5日(日)の足柄金太郎まつりで登場する金太郎ねぶたの制作に携わる

太田 光陽さん

8月4日号

大石 あや子さん

バレーボールクラブカップの全国大会へ出場するBIG STONEの監督を務める

大石 あや子さん

7月28日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク