小田原版 掲載号:2018年9月15日号
  • LINE
  • はてぶ

「神奈川がんばる企業エース」の認定を受けた(株)グラスキャリコの代表取締役を務める 岩沢 達さん 前川在住 44歳

果てなき道を歩む幸せ

 ○…工房に並ぶグラスを「この子」と呼ぶのは、手作業で生み出す作品への深い愛情の表れだ。ガラス作家として稼ぐのは楽ではないが、「赤く溶けたガラスのそばにいられたら幸せ」と意に介さない。とはいえ、工房を手伝う妻と子2人を支える夫であり父でもある。「好きなことをやらせてもらっているからこそ、子ども達にひもじい思いはさせたくない」と、近年はガラス吹き体験教室の開催にも積極的。こうした経営努力が評価され、神奈川県から「神奈川がんばる企業エース」の認定を受けた。

 ○…群馬県出身。高校卒業後は建設会社を経て、車の整備士として地元で働いていた。特別な思い入れはなく、仕事中に考えるのはアフター5のことばかり。だが24歳の時、知人に連れていかれた横浜のガラス工房で人生の転機を迎える。ドアを開けた瞬間に目に飛び込んできたのは、初めて見る色とりどりのガラス工芸品。「これをやりたい」。一瞬にして心奪われ、専門学校へ入り技を学んだ。あれから約20年、情熱は今なお増すばかりだ。

 ○…30歳の頃、見識を広めようとワーキングホリデーを活用してオーストラリアへ。トレーラーハウスに住み、農場で牛の世話をして過ごした。「庭でカンガルーと鉢合わせすることもある田舎。星空が美しかった」。ある晩に牛舎から眺めたリング・アラウンド・ザ・ムーン(月光冠)。その感動から生まれたのが、水を注ぐとあの光景が底に現れるグラスだ。

 ○…大正時代の蔵を改装した工房は、夏場となればサウナのよう。眼前の相模湾から吹き上げる潮風が扇風機代わりだ。額から汗を滴らせ、竿に息を吹き込み考えるのは、「さっきより今度はもっと上手に作りたい」。クリアのない果てなき道だからこそ、夢中になれる。

小田原版の人物風土記最新6件

古川 達高さん

(一社)かながわ西観光コンベンション・ビューローの代表理事を務める

古川 達高さん

11月10日号

菅原 明仁さん

文化祭でモザイクアートの制作を指揮した

菅原 明仁さん

11月3日号

齊藤 美紀雄さん

2019年3月で閉鎖する小田原少年院の院長を勤める

齊藤 美紀雄さん

10月27日号

益田 亮さん

全日本リアルファイティング武道空手道選手権で優勝した

益田 亮さん

10月20日号

長谷川 孝さん

神奈川県小田原市倫理法人会の会長に就任した

長谷川 孝さん

10月13日号

川瀨 伸二さん

小田原警察署長に就任した

川瀨 伸二さん

10月6日号

門松・正月飾りなら杉本園芸

家内安全、商売繁盛に門松を飾ろう。設置から撤去までワンストップ!12/1締切

https://www.green-sugien.com

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ベイビー・ブー登場

ベイビー・ブー登場

かもめ図書館で歌とトーク

11月19日~11月19日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月10日号

お問い合わせ

外部リンク