古民家を改装し小田原に転居した女優 丘 みつ子さん 南町在住 71歳

掲載号:2019年3月2日号

  • LINE
  • hatena

ありのままで、いい塩梅

 ○…愛犬と海辺や小田原城周辺を散歩することが日課。笑顔はやさしい母親のようであり、また少女の面影も感じさせる。デビューして半世紀。数えきれないほどのTVドラマや映画で活躍する大女優でありながら、飾らない、気さくな人柄が印象的だ。

 ○…30年以上暮らした箱根から、このほど南町に転居。「お友達がいっぱいいるので、慣れた土地という感じがしていました」。落款や能の謡曲を習いに通っていたこともあり、身近な街でもあった。「終の棲家」として購入した築80年の古民家を、夫と2人で1年半以上かけて改装。「何十年も息をしてきた古い建物を大切にしたい」という思いから、腐った土台以外は残し、コツコツと手作りでリノベーションを試みた。時代を経た柱や建具だからこそ、他にはない新鮮な感動を呼ぶ住まいが完成した。

 ○…歳を重ねると味わい深くなるのは、俳優業も同じだという。「若い頃はぶつかり合っていましたが、歳をとるといい塩梅になりますね」と笑う。たくさんの経験から豊富な知恵袋を手に入れた今、「柔軟な頭でお芝居ができるから面白い」と、クリエイティブな仕事ぶりは輝きを増す。

 ○…東京・王子に生まれた下町育ち。「つくり手」としての才覚は幼い頃に芽吹き、就学前からミシンを踏んでいた。生地を選び、デザインを考え、将来の夢はスタイリストだったという。40年間没頭している陶芸に対しても、溢れる創作意欲は無限だ。活力の源は「いいものを見て、いい人とつき合い、ありのままでいる」こと。心身を養う食事にも妥協はない。味噌は自分でつくり、質の高い安全な野菜を選ぶ。「小田原には自然の美味しいものがたくさんある。知れば知るほど、いいところ」と、声を弾ませた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

丸塚 正子さん

小田原足柄納税貯蓄組合連合会初の女性会長に就任した

丸塚 正子さん

湯河原町在住 72歳

6月19日号

永井 等さん

町立湯河原美術館で10年ぶりに絵画展を開催している

永井 等さん

湯河原町在住 53歳

6月12日号

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市議会第64代議長に就任した

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市扇町在住 56歳

6月5日号

佐藤 静さん

「minaka dayマルシェ」の実行委員として、中心的な役割を務める

佐藤 静さん

小田原市出身 39歳

5月29日号

皆木孝行さん

岩ガキ「鶴宝」の養殖事業を手掛ける(株)岩ガキBASE代表取締役

皆木孝行さん

真鶴町在住 39歳

5月22日号

菅井 達司さん

AKB48などに楽曲を提供する作曲家で、4月に小田原で音楽教室を開校した

菅井 達司さん

湯河原町在住 43歳

5月15日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter