ゴルフの飛距離を競うドラコン競技の世界大会に出場する 近藤 鉄也さん 小田原市中村原出身 47歳

掲載号:2019年8月24日号

  • LINE
  • hatena

オクラホマの空へ高く遠く

 ○…力自慢の揃うドラコンの世界では見劣りする身長175cmの体躯ながら、一流の証である自己ベスト400ヤードを誇る。飛距離の神髄は「全身と上下動を使ってシャフトをしならせる」。最近ではゴルフ専門誌に講師として登場、腕力に頼らない飛ばしのスイングが注目されている。

 ○…LDJ(Long Drivers оf Japan)主催「ワールド・ロングドライブ・チャンピオンシップ日本大会」(8月3日・4日、鹿児島県)でマスターズ(45歳以上)の最長飛距離392ヤードをかっ飛ばし、2年連続で世界大会(8月30日〜9月4日、米国オクラホマ州)の出場権を獲得。昨年は予選落ちした舞台で「ベスト8を目指したい」と世界の怪物達に強気で挑む。

 ○…本業はサラリーマン。県西部でスイミングやフィットネスクラブなどを展開する神奈中スポーツデザイン(平塚市)に勤務する。同社運営の中伊豆グリーンクラブ(静岡県)で2012年にLDJ主催大会が開催されると、腕試しの飛び入り参加にも関わらず3位入賞。翌年には地方大会で優勝し、一躍トップ選手の仲間入りを果たした。

 ○…小田原市で生まれ育ち、西湘高校時代は陸上100m走で10秒90を記録。大学軟式野球部では球速130キロ超の剛腕で鳴らした。「家族で100m走の記録は父が1番で兄が2番。(世界大会出場は自分だけだから)やっと追い抜いた」と笑う。就職して平塚、結婚を機に大磯に移住。釣りが趣味で「海が身近にあるのがいい」とにっこり。

 ○…スイングは毎年改良を重ね、40代後半を迎えてなお飛距離は伸びる一方。ロフト5度のドライバーをかち上げ、米国の空にも低スピン高弾道の球筋を描きたい。「この体、年齢でも飛ばせると、希望の星になりたい」

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

松浦 克(つよし)さん

障害がある子の「親なきあと」相談室小田原の代表を務める

松浦 克(つよし)さん

小田原市上新田在住 61歳

9月14日号

荒井 俊明さん

公益社団法人小田原薬剤師会の会長に就任した

荒井 俊明さん

小田原市鴨宮在住 54歳

9月7日号

米山 勇樹さん

小田原の殺陣ワークショップで講師を務める

米山 勇樹さん

横浜市在住 42歳

8月31日号

田岡 楚香(そこう)さん(本名:和子)

現代美術展小田原ビエンナーレ2019に参加している

田岡 楚香(そこう)さん(本名:和子)

小田原市浜町出身 61歳

8月17日号

伊藤 淳さん

ウガンダ共和国でバイク便会社「Courie(コウリエ)Mate(メイト)」を経営する

伊藤 淳さん

小田原市酒匂出身 37歳

8月10日号

宇田川 路代さん

小田原100人カイギの運営代表を務める

宇田川 路代さん

小田原市栢山在住 54歳

8月3日号

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク