吹奏楽、弓道、共に関東へ 小田原高校が躍進

文化

掲載号:2019年9月7日号

  • LINE
  • hatena
「謝謝(シェイシェイ)バルトーク」を合言葉に、練習に打ち込む部員たち
「謝謝(シェイシェイ)バルトーク」を合言葉に、練習に打ち込む部員たち

バレエ演じる気持ちで演奏

 小田原高校吹奏楽部が9月14日(土)に千葉県で行われる第25回東関東吹奏楽コンクールに出場する。同部は7月の西湘地区大会で1位(金賞)に。続いて8月の県大会で金賞に輝き、東関東への切符を手にした。

 演奏する曲は、バルトークのバレエ音楽「中国の不思議な役人」。民族音楽のような多彩なリズムが織りなす曲調が気に入り、部員たち自らが選んだ。木管の人数が30人中13人と多いことで、金管の迫力と共に音に厚みを出せるのがメンバーの強み。部長の鈴木萌さん(2年)は「みんながのれる曲。集中して練習に打ち込み、いい成績を残せるように全力を尽くしたい」と意気込む。顧問の吉野久美教諭は「舞台で演じる気持ちで積極的に表現し、みんなの力を出し切ってほしい」とエールを送った。

1本1本落ち着いて

 弓道部の生沼泰成さん(2年)は9月7日(土)、8日(日)に明治神宮武道場至誠館で開催される第38回関東高等学校弓道個人選手権選抜大会に出場する。8月の県大会で3位の成績を収めた生沼さんは「夢だった関東大会に進むことができてうれしい」と笑みをこぼした。

 高校に入学してから弓道をはじめた生沼さん。学校見学会の際に、弓を引く先輩の姿を見て憧れたことがきっかけだった。最初はなかなか的に当たらなかったが、持ち前の集中力で練習に励んだ。上達するにつれ、楽しさが増してきたという。関東大会へ向け、生沼さんは「緊張すると思うけれど、1本1本落ち着いて放ちたい」と話している。
 

弓を引く生沼さん
弓を引く生沼さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「業務にスピード感を」

「業務にスピード感を」 政治

守屋新市長が初登庁

5月30日号

町立施設運営再開へ

町立施設運営再開へ 文化

箱根町

5月30日号

会派構成を変更

会派構成を変更 政治

小田原市議会

5月30日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月30日号

「ママの就労」ヒントを学ぶ

市内NPO

「ママの就労」ヒントを学ぶ 教育

オンラインで講座など

5月30日号

EVシェア 運用開始

EVシェア 運用開始 経済

小田原エリアで「eemo」

5月30日号

(株)三和消毒

巷が緊急事態宣言発令中でもシロアリはやってくる

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク