箱根に 頼れる「山の神」 宮城野駐在所 高野陽丞さん

社会

掲載号:2021年9月25日号

  • LINE
  • hatena
山岳救助用の装備を付ける高野駐在員
山岳救助用の装備を付ける高野駐在員

 小田原警察署管内の宮城野駐在所(箱根町)に勤務する高野陽丞(ようすけ)さん(42)は山岳救助チームのリーダーだ。10kg以上の装備を身に着け救助に向かう。連絡があればすぐに駆け付けるその姿から、野崎剛志署長からは「山の神」と呼ばれる。北アルプスがそびえる富山県出身。「山の駐在所に配属になったのも運命」と、山々に囲まれた箱根で献身的に職務に当たる。

 「地域の人に愛される警察官になりたい」と、自ら駐在員を志望。家族を連れて、箱根に移り住んだ。箱根に駐在して10年以上の月日が経ち、今ではすっかり町に溶け込んでいる。地域住民から、野菜やおかずの差し入れをもらうことも。

船乗りの肩書も

 学生時代は船乗りを目指していた。商船高等専門学校に進学し、航海士3級と小型船舶1級の免許を取得。警察官となった今も、芦ノ湖での水難救助訓練で役立っているという。山だけでなく湖での緊急時にも駆け付けられる救助のエキスパートだ。

子育ては役割分担

 職場を離れれば2児の父。「父が恐いと娘に嫌われちゃうから」と妻の助言を受け、「叱るのは母、褒めるのは父」と役割分担をしている。日頃娘に、警察官として働く姿を見られることもあり、家庭では威厳のある父だという。趣味は筋トレで、着々と家のジム化が進む。身体は、「まあまあ良い感じに仕上がっている」とニッコリ。

 「無事救助できたときに報われたと感じる」。箱根山は比較的登りやすい山であるため油断しやすいという。救助に向かうのは、登山者の遭難や負傷のケースが多い。どんな山にも危険はつきもので、遭難すれば命を亡くすこともある。箱根町消防署と協力し合いながら、これからも地域の安心・安全を守るために尽力する。「箱根は私が守りますので」と心強い一言。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

豊かな香りと色を堪能

豊かな香りと色を堪能 文化

フラワーガーデンで秋バラ

10月23日号

悔しさ少し、全日本準優勝

安藤雄哉・高橋光ペア

悔しさ少し、全日本準優勝 スポーツ

ジュニアテニス選手権

10月23日号

ケーキショーで銀賞

ケーキショーで銀賞 文化

樫の樹の桐村美咲さん

10月23日号

夢を乗せた風船飛来

夢を乗せた風船飛来 文化

三重県の幼稚園から

10月23日号

ユニークタオル東京で展示

南足柄出身瀧澤さんら

ユニークタオル東京で展示 文化

丸めてちょんまげに

10月23日号

27日から文芸展

27日から文芸展 文化

三の丸ホールで

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の色彩偶然性を表現

自然の色彩偶然性を表現

NEW新九郎で「高木彩展」

10月20日~11月1日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook