シマノ契約のプロアングラーとして活動する 黒田 寛亮(ひろあき)さん 小田原市栄町在住 29歳

掲載号:2021年11月20日号

  • LINE
  • hatena

妥協なき渚の釣り人

 ○…総合釣具メーカー「シマノ」のメディアプロとして、昨年7月から宣伝や釣具の開発、立案に関わる。新製品のプロモーション動画や、TV番組「釣り百景」にも出演。ヒラメをメインとしたサーフフィッシングのアングラーとして活動している。一方で、陸上競技の三段跳の現役選手でもあり、過去には日本グランプリ3位の成績を持つ実力者だ。

 ○…釣りと陸上競技に通じる魅力を「ロジカルに考えること」と語る。地形や潮の流れ、ルアーの形や色など、戦略の結果として出会えるのが魚であり、筋肉量やメンタル、技術などが揃い成果となるのが陸上記録。どちらも「運では得られない達成感」が面白さだという。メディアに出ることが増え、「しゃべる練習」にも力を注ぐ。8月から個人でもYouTubeを始め、「視聴者に分かりやすく説明し、釣りの楽しさを伝えられたら」と、妥協のないアスリート魂で臨む。

 ○…岡山県で育ち、3歳から父と兄と川や海で釣りをしていた。準備も一人でこなし、釣った魚をさばいて家族に振る舞うのが黒田家のルール。自立心を育むための父流の教育だったとのことで「子どもが生まれたら自分もそうしたい」。料理の腕も磨かれ、肉厚の魚が釣れると刺身や寿司にして妻や友人にご馳走するのだとか。

 ○…小田原で暮らして6年半。勤務先のIT関連の仕事も合わせ「体が3つ欲しい」多忙っぷりだが、ビーチクリーニングや市の「おだわらおさかなチャンネル」の取り組みにも協力するなど、とことん前向き。「釣りはキャンプやファッション、料理、観光、移住など、さまざまなことに繋げられる。釣りをベースに活動の幅を広げたい」。内面までイケメンでしっかり者だ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

原 健一郎さん

箱根寄人(よせびと)プロジェクトのリーダーを務める

原 健一郎さん

箱根町在住 48歳

1月15日号

宮川 勝行さん

(公社)小田原青年会議所(JCI小田原)の第65代理事長に就任した

宮川 勝行さん

湯河原町吉浜在住 39歳

1月8日号

江島 賢さん

株式会社 丸江の代表取締役に就任した

江島 賢さん

小田原市栄町在住 56歳

12月25日号

古澤 博さん

県大会で優勝した富水ジャガーズの相談役を務める

古澤 博さん

小田原市栢山在住 84歳

12月18日号

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

箱根町出身 48歳

12月11日号

秋山 富男さん

金時山に登り続け、11月に6000回目の登頂を記録した

秋山 富男さん

小田原市新屋在住 81歳

12月4日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook