足柄版 掲載号:2018年3月17日号 エリアトップへ

春めき 生みの親が財団設立 香り生かし、経済支援

社会

掲載号:2018年3月17日号

  • LINE
  • hatena
モバイル春めきと古屋さん
モバイル春めきと古屋さん

 南足柄市塚原で農業を営む古屋富雄さん(65)が今年1月に一般財団法人「春めき財団」を設立した。3月7日には財団の初事業として容器に植えた移動可能な「モバイル春めき」を県立平塚盲学校に寄贈した。

 見ごろを迎えた「春めき」には独特のフルーティーな香りがあり、盲学校の児童生徒は香りで桜を感じることができる。その特徴や早咲きの特性を生かした寄付活動を17年間続け、これまで全国各地に約2千本を寄贈してきた。

 近年は企業の社会貢献活動や香りを生かした商品開発の依頼が増え、財団の設立を考えるようになった。

 古屋さんは「春めきの売上を視覚障害者支援や新規就農者支援、花を活用する事業への経済支援に役立てたい」と話している。

足柄版のローカルニュース最新6

満本組合長を再任

満本組合長を再任 経済

南足柄市飲食店組合

2月15日号

冬の星座観察会

冬の星座観察会 社会

23日 つぶらの公園

2月15日号

教育充実への思いを込め

教育充実への思いを込め 社会

南開工業(株)が南足柄市に寄付

2月15日号

的中に歓声 流鏑馬の雄姿

的中に歓声 流鏑馬の雄姿 文化

にぎわう小田原梅まつり

2月15日号

門松さんが故郷で熱唱

湘南ベルマーレが開幕へ決意

湘南ベルマーレが開幕へ決意 スポーツ

ホームタウンを表敬訪問

2月15日号

足柄事件簿

1/31〜2/6

足柄事件簿 社会

松田警察署管内

2月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク