足柄版 掲載号:2018年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

南社協 避難所の生活術を学ぶ 消防職員ら招き研修会

社会

段ボールでシェルターを作る参加者
段ボールでシェルターを作る参加者
 南足柄市社会福祉協議会(森住敏逸会長)が24日、りんどう会館で災害研修会を開催した。

 この研修会は災害ボランティアの活動を紹介し、災害時に備える活動の輪を広げようと「避難所生活術」をテーマに実施。自治会員やボランティア、聴覚や知的障害を持つ人など市内外から約40人が参加した。

 講師は小田原市の消防職員で構成された災害ボランティアチームDARSTの遠山孝志さん(46)、真壁賢一さん(42)、石橋秀幸さん(24)と、和田河原駅前のカフェ・デ・ソルの店長、関直子さんが務めた。

 第一部では避難所の説明やプライバシーの確保など実際に起こる問題が紹介され、参加者は段ボールを使ってシェルター作りに挑戦した。

 第2部では関さんが考案した非常食レシピを調理。避難所にいることを想定して野外でアルファ米やカップ麺、サバの缶詰などを使ってチャーハンやサバ汁など5品を作り試食した。「簡単に作れて美味しい」「体が温まって良い」などと声があがっていた。

屋外で調理体験もした
屋外で調理体験もした

足柄版のローカルニュース最新6件

葺(ふ)き替えをイベントに

古民家ガーデン紋蔵

葺(ふ)き替えをイベントに

4月21日号

住民同士で助け合い

開成町

住民同士で助け合い

4月21日号

「飛びつく勇気も必要」

インタビュー

「飛びつく勇気も必要」

4月21日号

犠牲者を供養交通安全祈願

自然館の野草で仏料理

供用開始は秋ごろ

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク