足柄版 掲載号:2018年8月25日号 エリアトップへ

各地で英語を学ぶ楽しさを教えている 水野 修身(おさみ)さん 大井町金子在住 74歳

掲載号:2018年8月25日号

  • LINE
  • hatena

「英語を学び続けてほしい」

 ○…大井町の生涯学習センターで開かれている「きらめき未来塾」の英語講座の講師を2015年度から務めている。英語講座は月2回の土曜日の午前中、半年間。現在開講中の内容は「やさしい英文を楽しくよみましょう」。教材を楽しく読みながら文法や語彙を学び、英語の文章を読む基礎力を養うものだ。

 ○…開成町の生涯学習講座でも活躍。昨年度は英字新聞入門講座、今年度は旅行英会話の講師を務めた。ほかに小田原、横浜などでも時事英語や日本を紹介する英語、基礎英語など講師をしている。受講生は何処も60〜80歳が主。その“熱心な生徒”に教えることが楽しくて“やりがい”を感じ、いつまでも英語を学んでほしいと願っている。

 ○…1944年東京生まれ。都立小山台高校から横浜市立大学に進んだ。文理学部外国語課程で学び卒業後、英語教師の道を歩きだす。湘光中学校と三保中学校で計18年間、県立山北高校で7年間教壇に立つ。48歳からフィールドを大学に移し、短大、大学で教授を歴任。65歳で防衛大学校英語教育室教授を退いた後も70歳まで関東学院大学、松蔭大学で講師を務めた。まさに英語教師一途な人生。その歩みの原点は「中学2年の時の先生との出会い」と静かな口調で話す。先生のおかげで英語が好きになり「いつか大学で教えたい」と思うようになったとか。英語の魅力は英語の文章の内容を読み解く楽しさと奥深さと、そっと言う。

 ○…「意志があるところに道はある」と信じ、「英語の3キ」はやる気、根気、年期と説く。一生懸命に学ぶ“生徒”からの質問は自分の勉強にもなる、と前向きだ。講座をずっと続けてほしいとの声に、体調を気にしながらも「元気な間は続けよう」と考えている。趣味は旅行と囲碁とゴルフ。
 

足柄版の人物風土記最新6

山口 政則さん

松田警察署長に就任した

山口 政則さん

松田町在住 58歳

4月10日号

菊池 あかねさん

開成町と移送に関する協定を結んだ「福祉タクシー千+α」の代表

菊池 あかねさん

開成町在住 50歳

4月3日号

根岸 亜美さん

オダワラブレイクの企画を手掛ける

根岸 亜美さん

大井町在住 27歳

3月27日号

山本 良憲さん

レストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」に掲載された「メシモ」のソムリエ

山本 良憲さん

松田町出身 36歳

3月20日号

山岸 万里子さん

毛糸を使った刺繍「タピボン手芸」を広める

山岸 万里子さん

小田原市在住 59歳

3月13日号

湯川 勘一さん

三保小閉校式の実行委員長を務める

湯川 勘一さん

山北町在住 70歳

3月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク