足柄版 掲載号:2019年6月29日号 エリアトップへ

高校陸上南関東大会 輝き戻り、いざインハイ 東海大相模高 藤山有希さん

スポーツ

掲載号:2019年6月29日号

  • LINE
  • hatena
南関東で大飛躍した藤山さん
南関東で大飛躍した藤山さん

 高校陸上南関東大会が6月14日から17日まで茨城県・笠松運動公園陸上競技場で行われ、東海大相模高3年の藤山有希さん(足柄台中出身)が女子走幅跳で優勝、三段跳でも2位となり共に自身初のインターハイ出場を決めた。

 高校最後に辿り着いた悲願だった。県総体での2冠を「自信」に変え、初のインターハイ出場をかけて挑んだ南関東大会。序盤に5m86でトップに立った藤山さん。ここからがかつての女王のステージの始まりだった。上位8人で競う残り3回の跳躍でも1回目に6m超え。「風が強かったけど今日はとにかく楽しく跳ぶことだけを考えた」という言葉の通り、リラックスして戦う姿があった。

 最後の跳躍前には、スタンドから見つめた小野大輔顧問から「これが最後という気持ちではなくインターハイにつなげる跳躍をしよう」という言葉がかけられた。藤山さんは「はい」と頷き、臨んだ跳躍はこの日最高の6m09(追い風3・5m)。文句なしの南関東初制覇とともに初のインターハイ出場を掴んだ。

 競技後、ほっとした表情を浮かべ「インターハイに行けることはうれしい。南関東を通過できてよかった」と忘れかけた喜びを噛み締めた。

不安から勢いへ

 過去2年間はケガに悩まされ、高校では全国と無縁だっただけに「だめだった時のこと」が頭をよぎることもあった。しかし、高校最後の年に入り、ケガが癒えると同時に調子が徐々に上向き、結果も付いてくると「不安」から「勢い」へと変わった。

 自身が持つ6m20の全国中学記録に迫る6m台のジャンプが戻ってきた今、インターハイへ向け「強い選手はたくさんいるけど楽しく跳びたい」ときっぱり。ただ、もう一つ果たしたいものがある。「日本一になって、先生に恩返しがしたい」。輝きを取り戻したジャンパーが真の強さを見せるのは、これからだ。

足柄版のローカルニュース最新6

神奈川工場の見学終了

アサヒビール

神奈川工場の見学終了 社会

4月10日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月10日号

道の駅でも赤、白、黄色

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月10日号

足柄上保護司会りんどう会館に

芦ノ湖で花火大会

芦ノ湖で花火大会 社会

4月10日打ち上げ

4月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク