足柄版 掲載号:2021年4月17日号 エリアトップへ

開山800年の節目 松田町で最明寺例祭

文化

掲載号:2021年4月17日号

  • LINE
  • hatena
阿弥陀如来坐像を前に行われた例祭
阿弥陀如来坐像を前に行われた例祭

 松田山山頂近くの最明寺史跡公園で4月10日、最明寺例祭(松田町庶子自治会主催、青木治会長)が行われた。今年は同寺開山から800年の節目でもあり、自治会の役員やOB、松田・大井両町長らおよそ30人が参加し、この地を切り開い た浄蓮上人(浄蓮房源延)をしのんだ。

 時間になると関係者の先導で、ほら貝の音色とともに現・最明寺(大井町金子)の加藤宥教住職をはじめ、近隣の寺の住職らが法要の場となる護摩堂跡に移動。「善光寺如来」と刻まれた石碑と、安置された「阿弥陀如来立像」(お善光寺様)を前に経をあげ、参列者は焼香をあげた。

 寺は1221年に建立、「西明寺」と名付けられた。1469年に現在の大井町への移転に際して「最明寺」に改められたと伝わる。また、例祭は1830年に浄蓮上人の600回遠忌を機に、先祖供養の法要「施餓鬼会」として始まったとされる。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、参加者の調整や法要後の会食を見合わせるなど、例年よりも規模を縮小して実施された。青木会長は「例祭を無事に行え、新しい百年のスタートを迎えることができた。801年、802年と今後もこれまでの伝統を守っていきたい」と話していた。

仏像の巡行供養

 近隣地域では例祭後に、仏像の巡行供養が行われる。およそ3カ月かけて、町指定の文化財「阿弥陀如来立像」の小型のレプリカが家々を回る予定となっている。

関係者の先導で護摩堂跡に移動する僧侶ら
関係者の先導で護摩堂跡に移動する僧侶ら

足柄版のローカルニュース最新6

テーマはマイノリティ

高校駅伝選手が町長表敬

高校駅伝選手が町長表敬 スポーツ

湘光中出身の2人

12月4日号

思い出の名曲が蘇る

タウンニュースホール

思い出の名曲が蘇る 文化

サーカス コンサート

12月4日号

県SDGs取り組みに参画

一燈会

県SDGs取り組みに参画 社会

就職などで留学生支援へ

12月4日号

2団体3人に市表彰

2団体3人に市表彰 文化

賀詞交換会で表彰式

12月4日号

事前説明会に5陣営

真鶴町長選

事前説明会に5陣営 政治

立候補予定者ら参加

12月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook