足柄版 掲載号:2022年5月14日号 エリアトップへ

立花学園バスケ部 県4強で関東大会へ

スポーツ

掲載号:2022年5月14日号

  • LINE
  • hatena

 立花学園高校(松田町)の男子バスケットボール部=写真=が6月4日から小田原アリーナで開かれる関東大会に出場する。同部の関東出場は3年ぶり2度目。

 県大会では初戦から100得点を奪って勢いづくと、順調にトーナメントを駆け上がった。関東大会出場をかけた準々決勝では、優勝候補の一角と目された桐光学園と対戦した。試合は同校の強みでもあるスリーポイントシュートが冴えわたり、94対88で下して4強入りを決めた。準決勝は東海大相模高を相手に80対95で敗れたものの、ここでも得意のスリーポイントで最後まで食い下がった。

 県大会4強入りチームの中で、同部の平均身長は172cmで最も低い。県外遠征に出ると控えチームと誤解されることさえあったという。

 それでも「小さいからこそできるバスケがある」と選手たちを鼓舞し続けたのが越智淳顧問。小柄ながら怒涛の快進撃で銀メダルを手にした東京五輪の日本代表女子チームを手本に、プレー映像を繰り返し見るなどして「走り勝つスタイル」を徹底的に磨き、その戦術への理解を深めていったという。

 キャプテンの岩城温基さん(3年)は、「ベスト4以上の成績で関東大会に出場することを目標としていた。達成できて嬉しい」と喜んだ。

「恩返し」誓う

 同部にとって、地元である神奈川、さらには県西地区で開かれる関東大会は、小学生や中学生など後輩を勇気づけるだけでなく、OBとして日ごろ練習で胸を貸してくれる先輩たちへ恩返しの意味も込めて、是が非でも出場したい大会の一つだった。

 関東大会の出場権を勝ち取った今、選手たちの練習にも一層熱が入っているという。副キャプテンの前田然さん(3年)は、「目の前の1戦1戦を大切に、まずは1勝したい。チームで結果を残して、OBや関係者に良い知らせを届けたいです」と意気込みを話していた。

足柄版のローカルニュース最新6

平和の「音色」届け

平和の「音色」届け 社会

開成でチャリティー演奏

5月21日号

山北町が学生等に給付金

伝承碑から災害を学ぶ

伝承碑から災害を学ぶ 教育

5月28日講演会

5月21日号

増築の新園舎お披露目

酒田みなみの保育園

増築の新園舎お披露目 社会

5月21日号

中央公園で開園イベント

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook