秦野版 掲載号:2012年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

30棟が浸水被害 14日未明の豪雨で

社会

 14日未明に降った大雨により、市内でも鶴巻地区を中心に床上・床下浸水などの被害が発生した。市では、同日午前5時ごろ、おおね公園に現地対策本部を設置。消防にも、道路冠水の通報が相次いで入り、被害状況の確認などの対応に追われた。

 市くらし安心部防災課によると、同日の降水量は1時間ごとの計測で40㎜を記録。また10分ごとにカウントする鶴巻排水機場の雨量計では最も多い60分間で67㎜という値を示した。

 午前4時ごろ、新川の下流に位置する鶴巻排水機場の水位が一定警戒水位の14・0mを越え、市職員が駆けつけ排水ポンプを作動。しかしその後も雨は降り続き、おおね公園の駐車場が冠水するなど鶴巻南地区などで道路冠水や床下、床上浸水の被害が発生した。

 また、汚水を伊勢原市の処理場に送る鶴巻中継ポンプ場では4時28分に浸水により運転停止。翌15日の午前1時過ぎに圧送ポンプの運転が再開されたが、一時的に汚水のうわずみを消毒しながら隣接の雨水幹線に放流する措置がとられた。

 7月15日の市発表の市内被害状況は次の通り(抜粋)。

 【浸水状況】〈床上浸水〉17棟(鶴巻南3丁目・5丁目、鶴巻北1丁目)〈床下浸水〉13棟(鶴巻南5丁目、南矢名1丁目・4丁目、堀山下、堀西)〈道路冠水〉発生多数(鶴巻南3丁目・4丁目・5丁目、鶴巻北1丁目ほか)【土砂流出等】〈土砂流出〉市内全域16件、〈倒木〉1件、〈道路通行止め〉市道52号線(県立秦野戸川公園先)
 

秦野版のトップニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク