秦野版 掲載号:2015年2月12日号 エリアトップへ

杉本美佳子さん(千村在住) 育てた羊の毛で小物作り 3年半前に夫婦で就農

文化

掲載号:2015年2月12日号

  • LINE
  • hatena
紡ぎ車を器用に扱う美佳子さん
紡ぎ車を器用に扱う美佳子さん

 「ヴェ〜、ヴェ〜」と丹沢山塊にこだまする羊の声。5頭の羊と一緒に暮らすのは、秦野市堀山下・堀西地区で「やまやま農園」を営む杉本学さん(41)・美佳子さん(42)夫婦だ。美佳子さんは、刈り取った羊毛を自身の畑の植物を主に使用して草木染めをし、昔ながらの紡ぎ車で糸を紡ぎ、帽子やフェルト細工を手作りしている。

 伊勢原市生まれの美佳子さんは、幼い頃から動物や自然が好きだった。

 東京農業大学短期大学部農業科造園コース卒業後は、造園の設計事務所に就職するも、デスクワーク中心のため「自然を感じたい」と退職。遺跡調査のアルバイトをしながら、旅費を貯めてはマダガスカルへ渡航したり、カナダでトレッキングをしたりしながら数年間を過ごした。

 歌を歌うことも好きで、ボイストレーニングに通った経験も持つ。都内のステージに出演し、そこで学さんと出会い一緒に音楽活動を続けていく中でも、自然への思いが募っていったという。30代半ば、「都内から離れ少し田舎へ」と一大決心。2人は入籍し、2008年に引っ越してきた。

 それから2年間、はだの市民農業塾で学さんが農業を学び、その後、畑を借り「やまやま農園」を始めた。

 羊との出会いは2011年秋。友人が手放すという羊に一目惚れ。その後、羊農家からも購入などして3頭を飼育。今シーズン、1頭のメスが繁殖に成功し、約2週間前、待望の双子の子羊が誕生した。今では「羊のいる農園」として近所でちょっとした話題になっている。

 当然毛の刈り取りは夫婦の仕事。年に1度、5月上旬に裁ちばさみで丁寧に刈っていく。ゴミを落とし水洗いし、更に酵素系の洗剤を使用して2度洗う。そして、乾いたらブラッシング。この状態では真っ白だが、美佳子さんは農園にあるウコンやマリーゴールドなどの草木を使って染めてから紡ぎはじめる。自然が持つ一期一会の美しい色が魅力だという。

 紡ぎ車を手に入れたのは昨年。年代物のため、知人から譲り受けた時には修理が必要だった。同じ頃、同タイプの紡ぎ車を手に入れた友人がおり、修理を請け負ってくれたという。「本当に様々な人の縁で糸紡ぎを始められた。周囲に恵まれましたね」とほほえみながら紡ぎ車を動かす。

 日中は農作業があるため、紡いだ糸で作品を作るのは夜中。「夜なべですよ」と笑いながら編み上げたニット帽を手に取り、かぶってみせる。すべてが手作りの作品、愛着は計り知れない。現在はフェルト細工等を販売したりと、羊毛作家としても活躍している。「時間があればセーターを編んでみたい。子羊たちの毛で編むなんて贅沢ですよね」。夢の実現のために美佳子さんは今日も夜な夜な紡ぎ車を回す。

農園には生後約2週間の子羊も
農園には生後約2週間の子羊も

秦野版のトップニュース最新6

犯罪被害者を支援

秦野市

犯罪被害者を支援 社会

市議会で条例を制定へ

12月3日号

シクラメン出荷ピーク

シクラメン出荷ピーク 社会

「今年もおおむね順調」

12月3日号

中学校給食スタート

秦野市

中学校給食スタート 教育

12月1日から全9校へ配食

11月26日号

震生湖で初のテグス拾い

震生湖で初のテグス拾い 社会

「埋没量は想定以上」

11月26日号

自宅療養の支援体制構築

秦野伊勢原医師会

自宅療養の支援体制構築 社会

「神奈川モデル」導入

11月19日号

防犯功労で全国表彰

地域婦人団体連絡協議会

防犯功労で全国表彰 社会

パトロール継続が評価

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook