秦野版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

カルチャーパーク 再編整備が完了 施設の一体化を実現

社会

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
舗装された園路
舗装された園路

 秦野中央運動公園、秦野市総合体育館、秦野市文化会館などで構成される「秦野市カルチャーパーク」の再編整備が3月31日で概ね完了する。秦野市が2011年度から総工費28億円を投じて取り組んできたもので、足掛け5年での完成となる。

 カルチャーパーク(約30万平方メートル)は、1972年の野球場完成以前は水無川の河川敷や畑だった。その後、陸上競技場や文化会館などがオープン。1982年には秦野市の文化・教養・スポーツ・レクリエーションの拠点としてカルチャーパーク構想が策定された。1996年に総合体育館が完成し、各施設が隣接する現在の形となった。

 当時各施設は車道で分断され、階段も多かったこと等から、市は2010年、各施設の一体利用を目的にバリアフリーや防災機能を考慮した再編整備構想を策定。2011年度から工事を進めてきた。

 園内を分断していた車道(パサデナ通り)は車両通行止めにして園路化。ほかの園路も、利用者の動線に合わせて見直し、幅を3mから4mに拡張。利用者の多いジョギングやウォーキングに適したクッション性の高いスロープ舗装にした。トイレやピクニック広場のテーブルセットなどもバリアフリー対応に改修した。

 洋式・和式庭園のあった場所には、バラ園(5月オープン予定)を整備。秦野名水を利用した「せせらぎ水路」や、子ども用の「じゃぶじゃぶ池」も新設した。

 市公園課によると、3月29日現在、工事は概ね完了しており、残りは古いトイレや管理事務所の撤去、防犯カメラの設置など。古谷義幸市長は「生まれ変わったカルチャーパークが、住みたい街のシンボルとして、市民の皆さんに愛される施設にしていきたいと思います」と話した。

 近所に住む70代の女性は、「26歳でお嫁に来たときはまだ公園は無くて、こんな良い環境になるなんて思いもしなかった。桜が切られてしまったのは少し淋しいけれど、新しい桜やバラ園が来年以降きれいに咲くのが楽しみね」と話した。

開放的になった噴水周辺
開放的になった噴水周辺

秦野版のトップニュース最新6

犯罪被害者を支援

秦野市

犯罪被害者を支援 社会

市議会で条例を制定へ

12月3日号

シクラメン出荷ピーク

シクラメン出荷ピーク 社会

「今年もおおむね順調」

12月3日号

中学校給食スタート

秦野市

中学校給食スタート 教育

12月1日から全9校へ配食

11月26日号

震生湖で初のテグス拾い

震生湖で初のテグス拾い 社会

「埋没量は想定以上」

11月26日号

自宅療養の支援体制構築

秦野伊勢原医師会

自宅療養の支援体制構築 社会

「神奈川モデル」導入

11月19日号

防犯功労で全国表彰

地域婦人団体連絡協議会

防犯功労で全国表彰 社会

パトロール継続が評価

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook