秦野版 掲載号:2016年4月7日号
  • googleplus
  • LINE

淡墨桜が見頃 蓑毛 猪股さん宅で公開中

社会

枝いっぱいに花を咲かせる淡墨桜=2日撮影
枝いっぱいに花を咲かせる淡墨桜=2日撮影
 日本三大桜にも数えられる岐阜県根尾谷の「淡墨(うすずみ)桜」の子孫の樹が、猪股義晴さん宅(秦野市蓑毛453)で見頃を迎えている。

 30年ほど前、岐阜県の知人から譲り受けた苗木を裏の畑に植えたもの。枝いっぱいの花は、咲き始めは薄ピンクで満開になると白く、散りぎわにはその名の通り淡い墨色になるという。

 猪股さんは淡墨桜を公開しており、4月10(日)まではライトアップも実施。「秦野では珍しいのでは。ぜひ蓑毛に足をお運びください」と話している。場所は、自然観察施設「緑水庵」から秦野・清川線沿いに約300メートル上る。道沿いのノボリが目印。問い合わせは猪股さん【電話】090・4394・0927へ。

東光苑

サラダブッフェ、土・日曜も含めて毎日実施。特選ランチメニューをリニューアル。

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク