秦野版 掲載号:2016年5月21日号
  • LINE
  • hatena

菩提在住岩田さん 硬筆で優秀賞 三楽書道会の競技会で

教育

毛筆の練習をする岩田さん
毛筆の練習をする岩田さん
 北中学校2年生の岩田そよかさん(14・菩提在住)が、三楽書道会が主催する第798回競書の硬筆部で最上位の賞となる優秀賞を獲得した。

 小学5年生から書道を始めたという岩田さん。祖母から『字がきれいな方がいいよ』と言われ、書道を習おうと思ったという。

 三楽書道会は全国に会員がおり、年に2回、競技会が行われている。歴史ある同競技会は毛筆と硬筆の部に分かれ、岩田さんは硬筆でエントリー。「自信はなかった」と話すが、受賞を聞いて「うれしかった」と顔をほころばせる。

 北中学校に書道部はないため、高橋賢一さん(72・三楽書道会)から北公民館でマンツーマンで教わっている。「まじめで素直な子なので、とても覚えが早い。全国から作品が集まってくる中での今回の受賞はすごいことです」と高橋さんは話す。「先生に褒められると『頑張ろう』と思う」と岩田さん。今回の出品も高橋さんのアドバイスを受けて、字を大きく、「審査員から初めに見られる」という自分の名前は丁寧に書くよう心掛けたそうだ。

 元は左利きの岩田さん。母親の久子さんは「字もきれいになったし、毛筆は右手なので書道でうまく矯正してもらった。頑張っていると思います」と話す。昔に比べ字も上達し、これからも賞がとれるように「続けていきたい」と話した。

受賞した硬筆作品
受賞した硬筆作品

秦野版のトップニュース最新6件

秦野勢初のベスト4に

少年野球部コメッツ

秦野勢初のベスト4に

12月14日号

創意くふう展で県知事賞

小児医療費助成を拡大へ

市内の危険バス停を公表

神奈川県警

市内の危険バス停を公表

12月7日号

「センター方式」を答申

中学校完全給食推進会議

「センター方式」を答申

11月30日号

再編・集約で9部50課に

秦野市

再編・集約で9部50課に

11月30日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク